店舗紹介:d news aichi aguiは地域のらしさを伝える場所

d news aichi aguiってどんな場所?

d news aichi aguiの店舗内
d news aichi aguiの店舗内

D&DEPARTMENTの創設者ナガオカケンメイ氏が自身の故郷である愛知県知多郡阿久比町に新しい形のD&DEPARTMENT「d news」国内1号店としてオープン。

「文化度を2度あげる」がコンセプト

1度はお店から、もう1度はお店に足を運んでくれた方によるもの。

ノコギリ屋根が特徴の知多木綿の工場をナガオカケンメイ氏がクラウドファンディングを取り込みつつ、リノベーション。

昔からの風景を残したい気持ちをみんなでお金を出しあってつくりあげた。
クラウドファンデイングサイト「READY FOR」での支援総額金は21,520,000円、支援者779人。

d news aichi aguiへの行き方

名古屋駅から阪急線で阿久比駅まで向かう。
途中沿線が変わる電車があるので、遠方からくる人は注意が必要だ。
実際2回乗り間違えた。www

d news aich iagui のある阿久比駅
d news aich iagui のある阿久比駅

ポツンと佇む駅。名古屋駅とのギャップが大きくてびっくりした。
まわりには大きいお店がなく、のどかな風景が続く。

d news aichi aguiの外観

赤い郵便ポストが目印のd news aichi aguiの外観
赤い郵便ポストが目印のd news aichi aguiの外観

阿久比駅から10分ほど歩くと右手にセブン-イレブン。
そこを曲がるとd news aichi aguiに到着。
道順としては簡単なので初めてでも比較的に楽に行ける。

d news aichi aguiにあるdマークであしらわれた郵便受け
d news aichi aguiにあるdマークであしらわれた郵便受け

d news aichi aguiの駐車場

d news aichi aguiの駐車場
d news aichi aguiの駐車場

駐車場は広くおよそ20台以上駐車可能。
地域の交通状況を考えると助かる敷地の広さだ。

d news aichi aguiの店内 ::: カフェ :::

着いてからさっそくカフェに向かう。
ちょうどお昼時だったこともあり、ゆるい混雑だった。

d news aichi aguiのカフェで出される冷たいおしぼりとお冷や。
d news aichi aguiのカフェで出される冷たいおしぼりとお冷や

カフェメニュー

d news aichi aguiのメニュー
d news aichi aguiのメニュー

d&カレーを中心に阿久比をはじめとする地元の食材を使ったメニューが中心。
他にもカウンターに手作りスイーツが並んでいた。

d news aichi aguiのカフェカウンター席からの借景
d news aichi aguiのカフェカウンター席からの借景

緑が映えて気持ちいい。
テーブルには「ココカラ日和」の阿久比産米粉でつくったマフィンも。
他にも席はカリモク60でしつらえた席などがあり、大人数でも対応可能だ。

テーブル席とブロック席

d news aichi aguiにある冬用の暖炉
d news aichi aguiにある冬用の暖炉

d news aichi aguiで食べることができるd&ドライカレー

d news aichi aguiのd&ドライカレー
d news aichi aguiのd&ドライカレー

今回、食べたのは東京で創業以来のメニューであるd&ドライカレー。
(東京店はポーチドエッグだが阿久比店は目玉焼き)

数年ぶりに食べたが、ちゃんと自分の舌の味の記憶が残っていた。

阿久比町産の特別栽培米「れんげちゃん」を使っている。
器は産地であるNoritakeのプレート。(すでに廃盤品で今はない)

愛知でつくられたクラフトビール「OKD KOMINKA BREWING」も楽しめる。
夏にちょうどよいさっぱりな梅味UME SAISONだった。

d news aichi agui の店内 ::: 商品 :::

ノコギリ屋根なので、光がたくさん入って明るい。
ゆえにエアコン4台フル稼働でも天気のよい夏日は暑かった。
冬はあたたかそうだ。

d news aichi aguiは靴を脱いで上がるタイプな売り場
靴を脱いで上がるタイプな売り場
d news aichi agui店内にはロングライフデザインが並ぶ
ロングライフデザインが並ぶ

dオリジナルグッズ

d news aichi agui内にあったイケウチオーガニックと一緒に作ったオリジナルタオル類
イケウチオーガニックと一緒に作ったオリジナルタオル類
d news aichi aguiで販売されている巾着やオリジナルシャツ
d news aichi aguiで販売されている巾着やオリジナルシャツ

ロングライフデザイン

左側はナガオカケンメイ氏激推しのバルミューダのLEDランタン。
右側には結婚式で最後まで使い切らなかったロウソクからリサイクルしたオリジナルカラーのキャンドル。
小600円と大1,200円(税込)

d news aichi aguiで販売されている医療品やオリジナルハンガーを別角度から
医療品やオリジナルハンガーを別角度から
d news aichi aguiで販売されているロングライフなキッチンツール
d news aichi aguiで販売されているロングライフなキッチンツール

奥にいる人物はオーナーであるナガオカケンメイ氏。
原点に戻って営業日にはほぼ売り場に立って店番している。

d news aichi aguiで販売されている知多木綿

江戸時代から続く知多半島で織られるようになった知多木綿。
浴衣や手ぬぐいなど生活に根ざした小ぶりなアイテムが中心。
1m毎に量り売りをしている。

d news aichi aguiで販売されている知多木綿
d news aichi aguiで販売されている知多木綿

量り売りで販売している知多木綿の数々。

機械も展示
d news aichi aguiで47都道府県、その土地の「らしさ」を同じボリューム・選定方法で伝える「d design travel」も販売
47都道府県、その土地の「らしさ」を同じボリューム・選定方法で伝える「d design travel」
d news aichi aguiで量り売りをしている木村石けん
量り売りをしている木村石けん
トラスコ中山のトランクカーゴに詰められた古本たち

クラウドファウンディングの支援者一覧(掲載希望者のみ)

クラウドファウンディングの支援者一覧が壁面に飾られていた。

愛知県のロングライフ食品群

d news aichi aguiのカフェ部分にあるD&DEPARTMENTオリジナル家具、ワランテーブルのカフェ席
D&DEPARTMENTオリジナル家具のワランテーブルのカフェ席

その土地の知るには食文化が手っ取り早い。
土地由来のそれぞれの特徴や他の地域の違いを見ることができて興味深い。

愛知県で昔から親しまれているたくさんの食材が並んでいた。

d news aichis agui で販売されている愛知県のロングライフ食品群

家庭用ラーメンのキリマルをはじめ、愛知県のみで販売している味噌煮込みうどん。
自宅で食べてみたが、ラーメンに近い感じだった。面白い。

d news aichis agui で販売されている愛知県の発酵食品群
糀、味噌、醤油、そうめんつゆなどなど発酵食品がズラリ
d dews aichi aguiで販売されている阿久比近辺で生産されている酒群
d dews aichi aguiで販売されている阿久比近辺で生産されている酒群

阿久比近辺の酒群。
ウイスキーから日本酒、冷蔵庫にはビールも。

愛知県出身のトノイケモトユキによる器の展示会がされていた。
手前は丁寧に育てられたd&greenたち。

カフェとギャラリーの間にあるトイレ

d news aichi aguiのトイレ
d news aichi aguiのトイレ

サンボックスとサンプリングファニチャーに飾られた観葉植物。
隣は静岡・サイトーウッドのゴミ箱。
反対側には宿泊者用の部屋とシャワールームも。いつか利用したいもの。

d news AGUI GALLERYの店内 ギャラリー部分

d news aichi aguiには小さなギャラリーがあり、個性的なアートを紹介している。
また、アーティスト向けの宿泊施設もあり、阿久比町に滞在中にインスピレーションを受け、作品に投影しやすい環境となっている。

d news aichi aguiでの山下アキ・ANA機内誌「翼の王国」原画展ポスター
d news aichi aguiでの山下アキ・ANA機内誌「翼の王国」原画展ポスター

でかけた当時は山下アキ・ANA機内誌「翼の王国」原画展が開かれていた。
2022年6月11日(土)〜7月4日(月)

d news aichi aguiのまとめ

d news aichi aguiにあるニーチェア X80
d news aichi aguiにあるニーチェア X80

少しだけ暮らしを良いものにするにはぜひ寄りたい場所。
この店舗を通じて自分たちが住んでいるそれぞれの地域の良さを再発見できることに気ずかせてくれる。

d news aichi aguiのインフォメーション

営業時間:だいたい12時から18時まで
定休日:火・水(不定休あり instagramにて要確認)

※2022年7月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

生粋のめんどくさがりやのため、ズボラな家事な無印良品好きなヲッさん。 ストレスフリー生活したいがために整理収納アドバイザー 1級取得。2017年4月より生活提案ブログ更新中。日本ワイン好き。広告デザイナー。ワイフと娘ちゃんの3人家族。