日常:夏、薄暮の掃除タイム 夜掃除ノススメ その2

  • ブックマーク


夏に向かいつつある今、陽も大分のびてきている季節。
普段の掃除は家族が寝静まった後にしているが、この時期、職場から早めに帰宅すると部屋がまだ明るいことが多い。
夜掃除の記事は→こちら

帰宅後にのんびり過ごす事もよいが、今の季節は「薄暮の掃除タイム」を組み込みたい。
この時間帯に掃除ができれば家事の時間短縮につながると思い試してみる。

ポイント
■スキマ時間帯の掃除なのでガッツリ掃除ではなく、シンプル・簡単に。
■ノー残業デーや速く仕事を終わらす事ができる日に設定するのがポイント。
■しなくてもよい掃除のみを対象にする。(きちんと掃除をしだすと疲れるし、仕事帰りだと尚更)
■更にやる気がでてエンジンがかかったら、洗濯機も回してみたり。やる気がないなら1箇所だけ。
■無事にコンプリートできたら、自分にビールなどのご褒美を。

メリット
■夜掃除に比べて脳みそがまだまだ働きモードなので、身体が動きやすい。
■部屋が明るいのでホコリをみつけやすい。
■室内温度も高くて汗ばむので、ダイエット効果に期待を感じる。
■本来掃除をする時間帯が空くので、他の予定をいれる事ができる。

デメリット
■時間帯的に西陽が強いので日焼けの恐れがあり。

無理のない範囲で進めていって習慣化していきたい。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。