MUJI 無印良品:水拭きモップ

  • ブックマーク

GWも後半戦。
我が家の掃除計画も滞りなく順調だ。
今日はサッシと窓ガラス拭き。

この窓ガラス拭きが重労働でいつも後回しにしている。

手順は、
1.「卓上ほうき(ミニチリトリ付き)」でサッシの埃をかきだす。
2.使用頻度が高くくたびれた「その次があるフェイスタオル」を雑巾にしてサッシを水拭き。
3.ガラス面を拭く。

掃除アイテムはほとんど無印良品を使用している。パーツを共有できたり、インテリア性もあるので、よく使う場所に置いても場面が映えたりと良く考えられている。
実際に置きっ放しにしてもさほど気にならない。
足りないパーツがあったり、壊れても近所の無印良品に行けば、すぐに同じ物が買える。
買物難民の盆地の民にとってはこれは嬉しい。
他のDIYショップだと在庫がとたんになくなったりするので、一度痛い目にあって以来無印良品にしている。(無印良品もたまにある)

話を戻す。
問題はガラス拭きだ。椅子を準備し、高い箇所まで背伸びして雑巾がけをしているが、この作業がかなり面倒。「生産性/伊賀秦代著」に習ってアウトソーシングしたいくらいと思っていた。

MUJI 無印良品:水拭きモップ

が、掃除用具をだした時に大分前に購入した「フローリングモップ用モップ/水拭き」がひょっこりでてきた。
もしかしたら、これで拭いたら楽なのでは? と思い、試しにガラスルックをつけて拭いてみた。

‼︎

楽すぎる‼︎
今迄の1/3の労力と時間で終わってしまった。

楽もさることながら、手拭きより面積が広い水拭きモップなので、ムラもでないしキレイに仕上がるのは嬉しい誤算だ。

これで庭の草むしり以外はほぼ終了。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。