買い物:ミナ ペルホネンとのコラボしたS I W A | 紙 和 のURUSHI パスケース購入

  • ブックマーク

パスケースを新調した。「ミナ ペルホネン」とのコラボだ。
URUSHIパスケース 高さ7cm × 幅10.5cm

ミナ ペルホネンについては→こちら

数日悩んでしまったが、実物を目の前にまたとないチャンスだったのでお買い上げ。5,184円(税込)

ミナペルホネンとコラボしたS I W A | 紙 和 URUSHIのパスケース
表面。黒地の生地と黒の漆(うるし)の仕上がりが美しい。デザイン名は「skyful」。漆の立体感が良い手触りとともに滑り止めにもなるデザインだ。黒地の生地紙がカードを映えさせてくれる。実は去年見つけていたがすでに売り切れてしまったので、約1年越しの購入となった。

ミナペルホネンとコラボしたS I W A | 紙 和 URUSHIのパスケースの裏面
裏面。紙とは思えない仕上がり。仕切りは3つ。経年変化が楽しみだ。さっそく傷をつけてしまった。orz

S I W A | 紙 和 について

約1000年の歴史を持つ和紙産地の山梨・市川大門町。その地にある和紙メーカー「大直」が新素材「ナオロン」を開発。
軽くて丈夫かつ耐水性もある理想的な紙だったが、一度素材にシワができてしまうと元に戻らない欠点があった。
そこで世界的に著名なプロダクトデザイナー深澤直人氏と協力して、この欠点を逆手にとって魅力的にできるデザインプロジェクトを完成させた。

S I W A | 紙 和 の特徴

約10kgまでの重たいものも入れることができる。
雨に濡れても破れる心配はない
軽いので重さの負担が少なく毎日使える。旅行用カバンやサイドバッグに最適。

破れない障子紙「ナオロン」について

ソフトとハードの2種類があり、アイテムによって使い分けている。

ソフトナオロン

S I W A | 紙 和 ソフトナオロン
木材パルプとポリオレフィン繊維が原料。和紙すき製法でつくった大直独自の紙。
柔らかくしなやかな髪質が特徴。耐水性に優れている。

ハードナオロン

使用済みのペットボトルや繊維製品から再生されたポリエステルリサイクル繊維を使って紙すき製法で作った紙。破れにくく対数性にも優れている。

S I W A | 紙 和 ハードナオロン

S I W A | 紙 和 原材料の紙
ショップカードはナオロンの原材料。

S I W A | 紙 和の耐水性テスト
水の中に入れても平気な事を実演している。

※以上写真はお店で撮影したもの

S I W A | 紙 和 ラインナップ

S I W A | 紙 和 は個人的にかなり気に入っているシリーズ。名刺入れの紹介と合わせて我が家にあるアイテムをいくつか紹介したい。

S I W A | 紙 和 スクエアポーチ

スクエアポーチ(L)
スマホグッズ入れとして5年以上使用中。経年変化で布のようになってきた。仕切りがあるので中で小分けができる。マチもあるので、意外とモノが入る。5,184円(税込)

S I W A | 紙 和 ティシュボックスケース
ティッシュボックスケース
紙を紙で包むという衝撃を受けたプロダクト。w一般的な布製ティッシュケースと違って取り回しが軽くてよい。カラーはブラックとホワイトグレーの2色展開。1,620円(税込)

S I W A | 紙 和 小物ケース
小物ケース
買った当初は持ち運びができるメガネ入れとして使っていた。今はマイカーのガソリン費入れとして使っている。千円札がピッタリ入るサイズ。1,944円(税込)

S I W A | 紙 和 小物ケース(S)
小物ケース(S)
大に比べると小さいハーフサイズ。ペンのサイズに近いため、文房具入れに。1,404円(税込)


ワインバッグ
720mlのワイン瓶がすっぽり入る大きさ。貧乏臭く見えないので数あるワイン会の時に重宝している。1,728円(税込)

S I W A | 紙 和 ボックス(S)
ボックス(S)
子ども用にと松ぼっくり・ドングリ入れとして使用中。縦9cm × 横9cm × 高さ13cm横 (写真は高さを調節済) 1,296円(税込)

S I W A | 紙 和 のまとめ

使い方によってユーザー独自のシワができて、自分だけの逸品になる楽しみがある。長く使えて、素材感を全面に出した飽きのこないデザインが気に入っている。値段も手頃なので、ちょっとしたプレゼントにも最適だ。

S I W A | 紙 和 のインフォメーション

055-287-9314
山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1569-1

山梨県西八代郡市川三郷町市川大門1569-1

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。