店舗紹介:東京・東長崎にある「FIKA」で北欧雑貨の世界にひたる

数年前に「建物探訪」という住宅番組でこの店舗を見て以来、いつか行きたいと思っていたのがようやく2018年の年の瀬に実現。数坪の小さな店舗だが、北欧の魅力がギュっとつまったお店で感激の嵐だったので紹介したい。

北欧雑貨の店「FIKA」の外観

北欧雑貨の店「FIKA」店舗外観
東長崎駅から徒歩数分。住宅地の中を進む。近くには小さな公園があり、穏やかな風景が続いた先にある。

北欧雑貨の店「FIKA」入口
玄関先に店名が彫られた石。真似したいセンス。

北欧雑貨の店「FIKA」の店内
北欧雑貨の店「FIKA」店内
北欧雑貨の店「FIKA」店内
半地下風な間取りとおよそ6mの吹き向けで店内は明るい。マリメッコをはじめとした北欧ブランドの数々が並ぶ。

北欧雑貨の店「FIKA」で飾られたダーラナホース
窓際にはダーラナホースが並ぶ。

北欧雑貨の店「FIKA」の店内にあるカフェグッズ
北欧雑貨の店「FIKA」の店内
北欧雑貨の店「FIKA」の壁にある販売雑貨
店内には北欧で買い付けされたカフェグッズがズラリ。壁面に飾られていたヴィンテージ商品。もちろん購入可能。

北欧雑貨の店「FIKA」の店内にあるフィネル社のポット鮮やかな色合いのフィネル社のコーヒーポット。

北欧雑貨の店「FIKA」にあったアウトレット
アウトレットもいくつか。無印の木製ハンガーの奥にはイッタラ社のコップが! もちろんBuy Nowした。(800円 税込)

北欧雑貨の店「FIKA」にあったダーラナホース
右上は割と大きいサイズのダーラナホース。7,560円(税込)リサラーソンのアニマル陶器も。

北欧雑貨の店「FIKA」のカトラリー群木製カトラリーやティーケース群。

北欧雑貨の店「FIKA」にあるラッセントレーのシープ型のマグネットラッセントレーの羊型マグネットやアヒルちゃん。

北欧雑貨の店「FIKA」クリスマスイルミ
クリスマス気分な照明。奥にはお茶文化の12カ月をつづるレシピとイラストの本。


スウェーデンのホテルにありそうな三菱エレクトリック社の湯沸かしポット。


吹き抜けから垂れ下がる白熱灯が柔らかい空間を演出している。

手作りの北欧風コースター買い物をしたらいただいた店主手作りの北欧カラーのコースター。

※2018年12月現在

北欧雑貨の店「FIKA」のまとめ

狭いながらも北欧の魅力がギュっとつまったお店。セレクトにも店主のこだわりが感じられる。カフェグッズが中心だが、長く使える確かなものばかりなので、興味のある方は足を運んで欲しい。

北欧雑貨の店「FIKA」のインフォメーション

土曜日、日曜日……13:00~18:00

西武池袋線・東長崎駅北口より徒歩5分
東京都豊島区長崎4-15-16

東京都豊島区長崎4-15-16

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。