買い物:MUJI 無印良品「そば殻まくら」で快眠ゲット

使い道のないIKEAのクッションがあったのでしばらく枕かわりにしていた。が、これが大失敗。熟睡できずに日常生活に支障がでるほどの寝不足になってしまった。
このままではまずいと思って枕を購入。小さな頃はそば殻枕をつかっていたことを思い出し、ノスタルジックな気持ちを馳せてそば殻枕を購入した。

無印良品「そば殻まくら」の詳細

エアパッキンされた無印良品のそば殻まくら
購入直後。エアパッキンされていて薄々。これなら電車でも持ち運びしやすい。


あわせて購入したオーガニックコットン三重ガーゼの枕カバー。ちょうど10%OFFセールで買うことができた。
ちなみに価格は1,290円(税込)→1,160円で購入。

無印良品「そば殻まくら」の使用感

無印良品のそば殻まくら

無印良品「そば殻まくら」のメリット

そば殻自体の重みで枕と頭がずれないので、しっかりと眠れるようになった。クッション時代は頭からずれて1回は目が覚めてしまったが、この枕だと夜中に目が覚めることが全くなくなった。

まくら自体は厚みがあまりない。手ぬぐいなどで頭の高さの調節しやすいのでベストな高さも調整しやすい。

また、通気性が良いので加齢臭がひどくなる夏にも安心だ。

無印良品「そば殻まくら」のデメリット

そば殻自体に冷たい触感があるので冬には向いていない。が、考え次第では布団で体は温まっているのでさほど影響はない。

トータルで考えても本当に本当に買ってよかった。
ちなみに今まで使っていたIKEAのクッションはテレビを見る時用の背もたれにクラスチェンジさせた。これはこれで快適。

※2018年12月現在

無印良品「そば殻まくら」のインフォメーション

素    材: ポリエステル100%
仕上がり寸法: 幅43 x 長さ63cm
価    格: 2,490円(税込)

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。