買い物:時短調理に役立つ! 簡単でスピーディーに餃子を作ることができる「餃子キット」

餃子づくりってめんどくさい。食べるのは一瞬だが、自分でつくるとなると一つひとつ皮を合わせるのが一苦労。ようやく作ったは良いものの完成直後からグロッキーだ。しかも、光の速さでお子に食べられてしまうw

なんとか楽に下ごしらえできないか? 昔からある餃子づくりのアイテムをふと思い出した。


「餃子キット / 108円(税込)」

おそらく30年以上前からあるんじゃなかろうか…。昔はスーパーで販売していたが、今は100均ショップでも購入可能。お子の分と合わせて2つ購入。これを駆使してシンプルにかつスピーディーに餃子づくりをすすめていく。

時短効果のある「餃子キット」を使った餃子の作り方


キャベツをみじん切りにするのも面倒なので、カット済みのニラキャベツと豚の挽肉を半額で購入。


購入した量が多かったので2つのボウルに分けて、よく混ぜ合わせる。


餃子の皮を「餃子キット」にセッティング。皮も市販品を使い時短に拍車をかける。


ボウル内で混ぜたタネを調味料スプーンですくい餃子キットに乗せる。スプーンでも可。感覚的にはティースプーンあたりかな。味付けはお好みで。その後、皮の周りに水につける。(皮同士の粘着力をアップさせるため)

ポイント:タネの量は少なめに!


合体
上の取っ手を下の取っ手に引き合わせる。少し力を入れたほうがくっつきがよい。


完成
今まで手て包んでいてかかった時間は30分弱。この「餃子キット」を使う事によって5分程度で20個前後を完成させることができた。
人数分用意すれば、更にスピーディーに作業できたり、お子との食育にもよい。

バリエーションとしては餃子の皮を使ってとろけるチーズなどがあるのでいろいろと応用してみたい。

 

おまけ


余ったタネは卵黄と足してハンバーグ風に。

※2019年2月現在 ※個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。