盆地の風景:富士急ハイランドに隣接する「リサとガスパール タウン」のフォトレポート

最近入場料が無料(駐車場とアトラクションは有料)になり、なにかと話題の「富士急ハイランド」。
その隣接地には「リサとガスパールタウン」があり、5周年記念ということもありでかけてみた。

フランス生まれの人気絵本のキャラクター「リサとガスパール」の世界初のテーマパーク。エッフェル塔や花々が咲く噴水庭園が広がり、夜にはイルミネーションが輝きます。富士急ハイランド第1入園口に隣接した入園無料エリアで、アトラクションやカフェ、ショップが軒を連ねる、どなたでも気軽に立ち寄ることが出来るエリアです。

リサとガスパールって?

リサとガスパールタウン内
フランス発のウサギでもイヌでもないパリ在住の不思議なキャラクター。ふたりは遊びもいたずらも一緒の特別仲良しな永遠の友だち。

リサ(左)
好奇心いっぱいで、ハプニングがおこっても「わたしってあたまいい!」トラブルをのりきっちゃう、おしゃまな女の子。

ガスパール(右)
転校生のリサのことが気に入らず、取っ組み合いのケンカもしたけど、やさしくてナイーブな男の子。

※同施設内展示パネルより引用

「リサとガスパール タウン」の外観の様子

リサとガスパールタウン園内
リサとガスパールタウン園内

全体的におフランスな街づくり。絵本の世界に紛れ込んだみたいな錯覚が。レストラン、パン、お土産のショップが併設されている。

ところどころにあるリサとガスパールの人形


お買い物の途中。

パン屋に扮したリサとガスパール
パン屋に扮したリサとガスパールが目印のパン屋。焼きたてパンやコーヒー、紅茶が楽しめる。

ウエイトレス&ウエイターに扮したリサとガスパール。
レストラン。ウエイトレス&ウエイターに扮したリサとガスパール。
オリジナルメニューが楽しめる。

トワトモなリサとガスパール。
5周年記念メダルを背景にトワトモ(永遠友)なリサとガスパール。

石彫風なリサとガスパール。
石彫風なリサとガスパール。

「リサとガスパール タウン」のショップ内

リサとガスパールタウンショップ
お土産屋さん。ここでしかないものが販売している。

ハローキティとのコラボしたリサとガスパール
キティぱいせんとのコラボ。各種2,700円(税込)


リサとガスパールのエチケットをあしらったワイン。
一番人気はシャトードカルマサック。


子どもに嬉しいミニサイズの富士山汁腕(小) 650円(税込)

リサとガスパールタウンショップの限定商品
リサとガスパールタウンショップ内にある限定お菓子
限定商品も。

リサとガスパールタウンショップにある原画
リサとガスパールタウンショップにある原画
ショップ内の壁に原画も飾られている。

リサとガスパールタウンショップ内にあるフィギュア
もちろんフィギュアも。絵本の世界を模倣している。

「リサとガスパール タウン」ミュージアム

ショップ内を2階に昇ると全世界で唯一のキャラクター紹介コーナーと5周年記念の特別展示。
無料。

リサとガスパールタウンショップ内にあるミュージアム
階段を昇るとイラストが陳列。

リサとガスパールタウンショップ内にある原画 リサとガスパールタウンショップ内にある絵本 リサとガスパールタウンショップ内に展示されているラフ
作者の貴重な資料展示とアトリエの展示。

リサとガスパールタウンショップ内にあるアトリエの再現
アトリエの再現。エスキースと完成画が飾られている。

リサとガスパールタウン開業5周年記念の巨大パネル リサとガスパールタウン開業5周年記念の巨大パネル リサとガスパールタウン開業5周年記念の巨大パネル
奥にいくと、開業5周年記念の巨大パネルが展示されていた。

「リサとガスパール タウン」のまとめ

リサとガスパールの世界にドップリ浸れることができる。今まで詳しくは知らなかったが、意外と細かい設定がされていて世界観を構築している。デザインがよくできていてハマりそう…。
※2019年2月現在

「リサとガスパール タウン」のインフォメーション

入場無料 / 年中無休
営業時間(季節により異なる)

8:30〜18:00
※GW、夏休み、春休み、年末年始などは時間延長

山梨県富士吉田市新西原5-6-1

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。