整理収納:MUJI 無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」を使っておさがりの保管方法


GW中、お子用サイズの洋服をいろんな方面からいただいた。とりあえず全部いただいて、後々整理しようかとおもっていたら予想外の量。

一時的な洋服富豪となった。あまりにも量が多すぎてタンスに入りきらないので、春から夏に季節もかわった事もあり、我が家で使用頻度の少なかった「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス」で整理収納を考えてみる。

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」の特徴

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」
■やわらかい
布製なのでやわらかく、お子のおもちゃ収納にも役立つこと請け合いだ。
また、たたむことによってソフトボックス自体の収納スペースを減らす事もできる。

■軽い
軽いので設置場所を選ばない。高い場所で衣類を収納していて万が一落ちてきても被害は少ない。※

■内張にコーティング加工
内部コーティングのおかげで製品自体がクタっとならずしっかりと形が維持されている。

■豊富なサイズ展開
収納するアイテムの種類によって使い分けられる。モジュールも統一されているので、収納する時に見栄えもよい。
2018年に発売されたフタ付き版は外出を伴う移動時に便利。

過去のソフトボックスについての記事はこちら

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」を使った収納の実践

下ごしらえ


まず、どんな収納にしていくかイメージしてみる。幸い、洋服ダンス内に空いてるスペースがあり、そこに入れようと思いつく。


頭の中で描いたイメージを整理する。今使用中のチェストとソフトボックス5つを当てはめていく。

ビフォー

カテゴリーをドローソフトなどでつくり(手書きでも可)、それに準じて仕分けしていく。
ポイポイポイ、ポポイポポーイ。
カテゴリーはその家庭ごとに違うので分け方は自由でよい。

アフター


取り出したときにどんな服があるか見やすいように丸めて縦に入れて
完成。仕分けと収納が両立できた。意外と量が入る。

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」で実現したシンデレラフィット
洋服ダンス上部にしまう。今後は季節が変わるごとに、必要に応じて取り出していく。何気にシンデレラフィットだ。

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」のまとめ

今までソフトボックスを積極的に使っておらず、室内でのお飾り状態から役立てることができてよかった。
適切な場所に収納できるようになったので、狭い部屋も広く使えるようになった。
気になったのは横に取っ手がついているために縦で使うときに取り出しづらい事だけだ。

無印良品「ポリエステル綿麻混・ソフトボックス・L」のインフォメーション

価 格:1,490円(税込)
原産国:カンボジア
寸 法:約幅35 × 奥行 × 35 × 高さ32cm
素 材:ポリエステル38.3%、綿24.4%、麻22.4%、レーヨン14.9%

※2019年5月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。