映画 / 書籍 / 音楽:槇原敬之 4th アルバム「SELF PORTRAIT」全楽曲レビューと個人的な思い出


2020年10月にデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの槇原敬之。

彼の楽曲を聴き始めて30年弱。その魅力と当時のパーソナルな思い出と共にまとめていきたい。

槇原敬之のプロフィール

1968年、大阪・高槻市生まれ。電気屋の息子として生まれ、母にせかんでピアノを買ってもらい、幼い頃からピアノに親しむ。

高校生の時にNHK-FMでのラジオ番組「サウンドストリート」「C.M.C」としてデモテープを紹介、パーソナリティーの坂本龍一氏に絶賛される。のちにまとめられた楽曲集が「デモテープ1」としてCD発売された。


その後、「AXIA MUSIC AUDITION ’89」で「NG」がグランプリ & 一万人審査員賞をW受賞。

1990年10月25日シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき、君の胸が痛まないように」でデビュー。
従兄弟にはSCANCHI率いるローリー寺西。デビュー曲「NG」のサポートギタリストだった。

ちなみにローリー寺西のアマチュア時代のバンド「すかんち」「スカンチンロールショー」(オリジナル版は1988年が2007年に限定3,000枚で再販された時に、槇原敬之はキーボードとコーラスをこっそりサポートをしていた。

代表作には映画「就職戦前異常なし」のテーマソングである「どんなときも。」やNTT CMソング「遠く遠く」、SMAPに提供した「世界にひとつだけの花」がある。

詞を先に書き、メロティを後からつける手法をとっている。

最初の数枚のアルバムは恋愛テーマが多かったが、次第に作風は変化をとげる。
1999年に覚せい剤所持取締法違反で現行犯逮捕(執行猶予3年)されて以来、作風が激変。
心の葛藤や日常の何気ない気付きから着想をえたライフソングが主流になっている。

槇原敬之 4th アルバム「SELF  PORTRAIT」当時の思い出

ヴィムベンダースの映画「ベルリン・天使の歌」へのオマージュを感じるアートワーク。ついに天使になってしまったwwwwと思ったのが率直な印象。当時はヨーロッパ映画も一般的になりはじめ、ミニシアターでは連日文化系映画が上映されていた。
街にはセンスの良いカフェや海外かは輸入されたオサレ雑貨店が軒並み増えていた。バブル経済は弾けたとはいえ、まだまだ日本が元気だった時代。

1993年の出来事(個人的興味のあったもの)
■サッカーJリーグ開幕
■自動車 ワゴンR(スズキ)発売
■コギャル文化の流行

4th アルバム「SELF PORTRAIT」個人的全楽曲レビューと当時の思い出

01 君に会いに行く
「僕」が大好きな「君」に会いにいく心の躍動感をローテンポでしっとり歌うナンバー。テーマが同じ次曲との対比が心地よい。このアルバムから「君」から「僕」へテーマが変わる。僕シリーズの開幕だ。

♫遠足の前の日が 確かこんな感じで待ち合わせの時間より ずいぶん早く出掛けた♫

「君は僕の宝物」の余韻を残しつつ、君に会いに行く嬉しさをあらわした歌詞が秀逸。恋愛あるある 女性は逆に支度に時間をかけるので遅くなるがw

♫デパートの1階で 何げなく歩いてたら 君の香り見つけて 何だかてれてしまった 一人の時はきっと 気にしなかったことが今のぼくに触れてくる これがきっと恋だろう♫

デパートの1階は大抵が化粧品売り場。なぜか雑踏が浮かんでくる想像のしやすさも槇原敬之の歌詞の特徴の一つだ。

02 No.1
タイトルと同じくしてオリコンチャート1位に輝いた楽曲。2015年に公開された映画「俺物語」のテーマソングにもなった。ポップなメロディと歌詞から伝わる無敵感は「僕の彼女はウエイトレス」に通ずるものがある。

♫夕暮れ僕の街にはチョコレイト工場の匂いがする いつかおいであの河原に自転車で連れてゆくよ♫

チョコレート工場は実在する。明治製菓の大阪工場を指す。JR京都線の車窓から見ることができる。
「あの河原」は、すぐ横を流れる女瀬川ではなく芥川をさす。

03 さみしい気持ち
ハーモニカで始まる泣き歌。「君」と別れた気持ちを未練がましく思う気持ち。

♫二人で目覚めた朝もちゃんと遅刻しないでバイトに行く君が好きでした♫
こういう歌詞をさらっと挿入するところがずるい。w

♫あの雨の日君がもっていった傘は僕の匂い消えている 返さなくていい♫
元恋人を吹っ切れることへの気持ちを傘で表現する女々しさwww  大江千里かKANのオマージュか。

♫それでもさみしくなったなら恋人だった君を思いだすけど それくらいは許して♫
最後はやはり自己肯定感強め。曲づくりの傾向として悲しい歌をものすごくポップに描くので当時はだいぶお世話になった。個人的に隠れた名曲のひとつと思っている。

04 髪を切る日
髪を切ることで気持ちを切り替える歌詞。テンポ作りは初期作品「僕」シリーズのよう。

♫扉を開けた拍子の襟元に吹き抜ける風に目を閉じてみる 見送った季節を今日から取り戻そう♫
お得意の泣きポイント。男女問わず髪を切ることで気持ちの切り替えをする気持ちをメロディにのせている。今では髪を切ることは減り、部屋の整理が適している。

♫君の残した言葉は僕の中で育てるよ さよならの意味もきっと自分で変えることができるはず そろそろ前に進まなきゃ♫
へこたれずに前向きなのも槇原敬之らしい。根は明るい方だと思う。

05 Witch hazel
映画「サイコ」の有名な浴室シーンの音楽にも似た夏の強い日差しをイメージできるギターリフによる出だし。一夏の経験を思い出す初秋の歌。

♫太陽が火傷をさせて痛かった背中も君を強く抱く時は平気だったんだ♫
「Witch hazel」
はハーブである「アメリカマンサク」の事。それを精製した化粧水が当時の渋谷ロフトで販売されていた。夏場、肌ほてりを抑えるためによく使っていた。

06 彼女の恋人[Album version]
打って変わってブラックコンテンポラリー調。この曲あたりから曲調が変わり音楽的な幅が広がっていった。
世間ではカラオケも流行っていたのでよく歌った。キーが高くてめっさ難しい。(当時は1時間1,000円が相場だった)

♫出足がよくないといつも教習所でも言われてた♫
槇原敬之の歌詞には車に関する歌詞が数多く登場する。当時の若者の三種の神器の一つだ。
ん、彼女の恋人…?  サックスが哀愁を漂わせる。

07 SELF PORTRAIT
Seven stepsからの引用と思わせる英数字のコーラスがカッコいい。リゲインCM「24時間戦えますか」のような歌詞。今は時代に合わない働き方だなあ。

08 困っちゃうんだよなぁ
アメリカの子どもむけ番組のオープ二ングテーマな始まり方。コンプレックスを抱えた年頃男子が新しい世界に飛び込む内容。

♫世の中知らないことばかり ひょっとして僕は損してるかも♫
後に元ピチカートファイブの野宮真貴に提供した「さよなら小さな街」とテーマへとつながる。

09 MILK
漫画家「きたがわ翔」的な世界。落ち込んでる「僕」が友人に励まされた内容。

槇原が幼少の頃、泣きべそをかいた時に母に作ってもらったホットミルクの経験によって着想したとの事。

♫自分と違うことをしてる人をうらやんだりしたけど やっぱり僕は僕だから駄目な自分も好きにならなくちゃ♫
無印良品的音楽に乗せて人生で大切な事を学べた歌詞。自分の中で20代前半でこの楽曲に出あえた意味は大きい。

♫月も桜を揺らす風も もう僕の前通り過ぎないから 明日はきっと今日よりもいい日に決まっている♫

後に発売された「軒下のモンスター」の世界観の基礎となる。


ちなみに「MILK」という同名映画もある。

10 ズル休み
コンビニに地方進出が進み一般化した年。要所要所で流行りモノをテーマにしてくる。アルバムタイトル「SELF PORTRAIT」自体も当時流行り言葉だった。

♫帰り道のコンビニにはなんでもそろってるけど 二人を元に戻す接着剤はないらしい♫
今では100均かドンキか。(ドン・キホーテのテーマ曲はFNS歌謡祭で歌っている。)

11 雪に願いを
タイトルはピノキオの主題歌「星に願いを」からと思われる。サンタの忙しさをテンポのよいシンセ曲で。槇原版「恋人がサンタクロース」か?

♫誰かのことをいつでも 想いすぎるときは 一人ぼっちの自分を痛いくらい感じるね 魔法にかけられたように輝く街の中でねじれる胸がまんする背中なら心配です♫
悲しさを溢れた言葉が羅列されているのにメロディは超ポップ。槇原の得意とするところだ。

♫みんなに素敵な笑顔積もりますように♫
この楽曲だけ対象が相手がどんななのかが不透明で、不特定多数な歌詞になってる。

12 猫がふんじゃった
ディズニー風なまとめ方。タイトル元ネタはもちろん童謡である「ねこふんじゃった」。

♫少しのびたひげがあたって起こさないように 君の額にそっとKISSをした♫
ヒゲの主はネコ? 人?

槇原敬之 4th アルバム「SELF  PORTRAIT」のまとめ

歌詞が日常生活をより踏み込んだ描写になっている。4枚目になり、作風も若干変わり出した。歌詞から連想させせる風景描写は健在で、それを保ちつつ音楽的描写の幅が増えたアルバムだ。

※2019年6月現在 個人の感想 記憶違いあり

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。