映画 / 書籍 / 音楽:槇原敬之  6th アルバム「Ver1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY」個人的全楽曲レビューと当時の思い出


2020年10月にデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの槇原敬之。

彼の楽曲を聴き始めて30年弱。その魅力と当時のパーソナルな思い出と共にまとめていきたい。

槇原敬之のプロフィール

1968年、大阪・高槻市生まれ。電気屋の息子として生まれ、母にせかんでピアノを買ってもらい、幼い頃からピアノに親しむ。

高校生の時にNHK-FMでのラジオ番組「サウンドストリート」「C.M.C」としてデモテープを紹介、パーソナリティーの坂本龍一氏に絶賛される。のちにまとめられた楽曲集が「デモテープ1」としてCD発売された。


その後、「AXIA MUSIC AUDITION ’89」で「NG」がグランプリ & 一万人審査員賞をW受賞。

1990年10月25日シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき、君の胸が痛まないように」でデビュー。
従兄弟にはSCANCHI率いるローリー寺西。デビュー曲「NG」のサポートギタリストだった。

ちなみにローリー寺西のアマチュア時代のバンド「すかんち」「スカンチンロールショー」(オリジナル版は1988年が2007年に限定3,000枚で再販された時に、槇原敬之はキーボードとコーラスをこっそりサポートをしていた。

代表作には映画「就職戦前異常なし」のテーマソングである「どんなときも。」やNTT CMソング「遠く遠く」、SMAPに提供した「世界にひとつだけの花」がある。

詞を先に書き、メロティを後からつける手法をとっている。

最初の数枚のアルバムは恋愛テーマが多かったが、次第に作風は変化をとげる。
1999年に覚せい剤所持取締法違反で現行犯逮捕(執行猶予3年)されて以来、作風が激変。
心の葛藤や日常の何気ない気付きから着想をえたライフソングが主流になっている。

槇原敬之 6th アルバム「ver1.0E LOVE  LETTER FROM  THE  DIGITAL  COWBOY」の発売当時の思い出

ライブツアー「Welcome to my Pharmacy」後にポリープ手術のため2年ほどの活動休止になったので、渋谷系を中心にいろんな音楽に手を出した時期だった。コーネリアスのヘビメタアルバム「69/96」も発売されたりと、聴く音楽も幅を増やしていった。
また、Macを買い替え、毎日侵食を忘れてAdobe社のPhotoShop2.5Eをサルのようにいじっていた時期でもあった。

1996年の出来事(個人的興味のあったもの)
■NINTENDO64発売
■スティーブジョブズ氏がアップルコンピューター(現アップル)に復帰。
■ジョンベネちゃん殺害事件

6th アルバム「Ver1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY」個人的全楽曲レビュー


海外アーティストによる全英語詩によるアルバム。07のカヴァー曲を除き全曲作曲だ。今みると「DIGITAL COWBOY」のPVのキャラがメンズグッズのテンガを彷彿とさせる。

槇原敬之は楽曲作りの時には詩を先に書く手法をとっているが、このアルバム制作に限りメロディを先につくり、後から英詩をつけてもらったという。英詩だから海外進出!ってわけでなく自分の聞きたい洋楽を形にしたようだ。

本格的にデジタルが活用された時代。ネットも一般普及したのもこの時期だ。コンピュータの性能もあがり、広告デザインなどに3DCDが流行りまくっていた。映像・音楽制作の環境も進化し、ノンリニアによる編集機材も軒並み登場する。

打ち込みで作曲する槇原も制作環境が大分変わったに違いない。

01 Hey Yo!

オープニングをつかさどる楽曲。
Hey Hey show me your cowboy! がなんか卑猥wwwww

02 COWBOY(ALBUM REMIX)

Hey Yo! から続く実質的な1曲目。PVはビューグを手がけたことがあるロンドンのデザイン集団「Me Campany」によるもの。

リズムパターンが後に発表される「PENGUIN」と同じだ。

03 The Lover In You

70年代のジャクソン5のようなアメリカンポップスの雰囲気。

♪Baby stop me if I’m way out of line♪
後に発表される「カイト」にちかい歌詞も。けっこうベタベタ。

04 Running Out Day Dream

ミディアムテンポなバラード。

♫I could use a miracle Tonight,To bring you back into my life♫
今夜奇跡をおこして君を取り戻したい(意訳)。
英詩だけど槇原節だ。

05 Day And Night

Running Out Day Dreamに続くソウルフルなミディアムナンバー。

06 9XFOREVER

チャイナフルな楽曲。
途中、日本語によるイチ、ニ、サン、シっのかけ声が面白い。
タイトルの9Xは9倍の意味。9倍永遠に。永久?

07 My Eye Adored You

名曲「瞳の面影」のカバー。

08 I can feel Your Heart

歌詞 & メロディが初期を彷彿とさせる。ぜひ日本語詞で聞いてみたい。

♫I will prove that I’m in this sweet love stay♫

09 SECRET HEAVEN(Album version)

シングルカットされたSECRET HEAVENのアルバムバージョン。
オープニングはピアノによるレゲエテンポだが、進むにつれてサンプリングの嵐。この楽曲格好良くて今でもイケるんじゃないかな。

10 LIMIT’S OF LOVE

米米クラブみたいなファンクなナンバー。いや、アースウインド&ファイヤーかな。
楽曲の幅が思った以上に広くて初期のイメージはなんだったんだろう。

11 I’m Not Gonna Fall In Love

前奏のメロディが「北風」に似ている。タイトルを日本語にすると「もう恋なんてしない」wwww

♫NO,I’m not gonna fall in love,Won’t fall in love with anyone.But if I did she’d be the one♫
でもちょっとした前向きな姿勢www ガンバwww

12 BYE BYE COWBOY

アルバムの終わりを告げるインスト。パーティーの終わりのよう。

13 If You Believe In Love

最後を締めくる曲はダスティンホフマン主演「トッツィー」の主題歌を歌うスティーブン・ビショップによる歌詞のもの…。どういうつながりでこうなった?


彼の歌い方のように甘くゆったりとしたテンポで歌い上げている。槇原的アルバムオリエンテッドロック。

6.5th アルバム「LOVE CALLS FROM THE DIGITAL COWGIRL」の曲順と曲名

同時期に発売されたLOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOYの世界有数のミキサーたちによるリミックス盤。
TOWA TEIや元ピチカートファイブの小西康陽などが参加していた。

ここでは曲名のみ紹介。さらに尖った楽曲づくしだ。

01 COWBOY(TOWA’s ELEKTRIC VIBE)  REMIXED BY TOWA TEI

02 I’M NOT GONNA FALL IN LOVE(ST NEWBORN ALBUM MIX)  REMIXED BY SATOSHI TOMIIE

03 LIMIT’S OF LOVE(VINYLLA MIX) REMIXED BY MICHAEL BRAUER

04 DAY AND NIGHT(THE MIDNIGHT MIX) REMIXED BY TOM TUCKER

05 THE LOVER IN YOU(THE SOUND OF READYMADE MIX) REMIXED BY YASUHARU KONISHI

06  SECRET HEAVEN(X-TRACK MIX) REMIXED BY MICHAEL BRAUER

07 RUNNING OUT OF DAYDREAMS(THE MEMPHLS MIX) REMIXED BY TOM TUCKER

08 LIMIT’S OF LOVE(ST NO LIMITS ALBUM MIX) REMIXED BY SATOSHI TOMIIE

6th アルバム「Ver1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY」のまとめ


作曲のレベルも高く、槇原敬之の音楽オタクッぷりがよく分かるアルバムたち。
彼にとって普段と違った環境がよい音楽制作への刺激になっただろう。
これをきっかけに以降のアルバムに影響を与えていく。

※2019年6月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。