映画 / 書籍 / 音楽:槇原敬之  7th アルバム「UNDERWEAR」個人的全楽曲レビューと当時の思い出


2020年10月にデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの槇原敬之。彼の楽曲を聴き始めて30年弱。その魅力と当時のパーソナルな思い出と共にまとめていきたい。

槇原敬之のプロフィール

1968年、大阪・高槻市生まれ。電気屋の息子として生まれ、母にせかんでピアノを買ってもらい、幼い頃からピアノに親しむ。

高校生の時にNHK-FMでのラジオ番組「サウンドストリート」「C.M.C」としてデモテープを紹介、パーソナリティーの坂本龍一氏に絶賛される。のちにまとめられた楽曲集が「デモテープ1」としてCD発売された。


その後、「AXIA MUSIC AUDITION ’89」で「NG」がグランプリ & 一万人審査員賞をW受賞。

1990年10月25日シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき、君の胸が痛まないように」でデビュー。
従兄弟にはSCANCHI率いるローリー寺西。デビュー曲「NG」のサポートギタリストだった。

ちなみにローリー寺西のアマチュア時代のバンド「すかんち」「スカンチンロールショー」(オリジナル版は1988年が2007年に限定3,000枚で再販された時に、槇原敬之はキーボードとコーラスをこっそりサポートをしていた。

代表作には映画「就職戦前異常なし」のテーマソングである「どんなときも。」やNTT CMソング「遠く遠く」、SMAPに提供した「世界にひとつだけの花」がある。

詞を先に書き、メロティを後からつける手法をとっている。

最初の数枚のアルバムは恋愛テーマが多かったが、次第に作風は変化をとげる。
1999年に覚せい剤所持取締法違反で現行犯逮捕(執行猶予3年)されて以来、作風が激変。
心の葛藤や日常の何気ない気付きから着想をえたライフソングが主流になっている。

槇原敬之 7th アルバム「UNDERWEAR」の発売当時の思い出

ライブツアー「Welcome to my Pharmacy」後にポリープ手術のため2年ほどの活動休止になったので、渋谷系を中心にいろんな音楽に手を出した時期だった。コーネリアスのヘビメタアルバム「69/96」も発売されたりと、聴く音楽も幅を増やしていった。
また、Macを買い替え、毎日寝食を忘れてAdobe社のPhotoShop2.5Eをサルのようにいじっていた時期でもあった。(レイヤー機能はまだなかったwww)

1996年の出来事(個人的興味のあったもの その2)
■アトランタ・オリンピック開催
■「Yahoo! JAPAN」がサービスを開始
■藤子・F・不二雄が死去

「SELF PRTRAIT」「Pharmacy」と続いた僕シリーズ三部作完結編。
ピアノ + シンセで構成されていた初期に比べるとギターを多用し、厚みのある仕上がり。キーが若干高く女子がカラオケで歌いやすくなっている。

また、この時期死亡説が流れ、消えた人扱いになっていた槇原敬之だったが、本人が面白がってUNDERWEAR発売後にゴシップ新聞風なジャケットでシングルCD「まだ生きてるよ」を突然発売した。w

ベスト盤にしか収録されていない貴重な楽曲。チャックウィルソンが出演。

7th アルバム「UNDERWEAR」個人的全楽曲レビュー

01 男はつらいっすねぇ

タイトルは映画「男はつらいよ」へのオマージュか。ハードロックともヘビメタとも言えない重厚なギターから始まる。

♫だけど大切な言葉 言える人ってもっとかっこいい 「おはよう」「こんにちは」「ごめんなさい」「ありがとう」♫
「GOOD MORNING」
のようなライフソングの走りを感じる。実際、槇原=ラブソングを求められていた事もあり、方向転換のきっかけとなった楽曲ではなかろうか。

02 PENGUIN

許されない恋の回想を爽やかな思い出として昇華させてくれる楽曲。
少しTK風なエスニックサウンド。このアルバム発売前の1995年に「with T 小室哲哉音楽対論」というTV番組で対談をしたので、彼の影響を受けてるのかも知れないと勝手に妄想している。


「タンタンタンゴはパパふたり」
という絵本(実話)があるようにペンギンは同性愛が多い。知ってか知らずかこのタイトルをつけた事に興味深い。

♫製鉄所のコンビナートは赤と白の市松模様♫
歌詞冒頭のでてくる市松模様の製鉄所のコンビナートは「JEFスチール東日本製鉄所」をさす。横浜・湾岸線鶴見つばさ橋から見ることができる。

♪君に見せるつもりだったロケットの模型と同じで♪


これはTINTINの絵本「月世界旅行」の中で登場するロケットのこと。いろんなサイズの模型が売っている。日本語読みはちんちんではなくタンタン。www

♪高速道路の料金所はいつも君に任せてたよね 膝の上に大事に持っていた僕の財布も変わったよ♪
当時の料金所の支払いは有人だったので支払いは同乗者がこなさないといけなかった。左ハンドルな車(外車)がうらやましい。
時間の流れが過ぎる例えを財布が変わる描写に見立てるセンスに脱帽。

♫誰も許してくれなかった理由はまだわからないけどたぶん君と僕とじゃいけない場所が二人の行かなきゃいけない場所♫
これはわかるわー。恋愛あるある。共感できる歌詞が多いのも槇原敬之の醍醐味。仲はいいけど、行きつきたい場所が違うって感じる事、微妙な違いをうまくメロディにのせている。

03 どうしようもない僕に天使が降りてきた

先行シングル。くっそ長いタイトル。「どぼ天」と略している。出だしせギターリフを多用しているのもこのアルバムの特長だ。
機嫌をそこねた君を追いかけ迎えにいく歌詞内容。すげえ、村上春樹チック。

なかなかにアルバム制作に苦戦していた今回のアルバム(その甲斐あって完成度はかなり高い)。その苦悩を楽曲にたくしたのではないかと考えてみる。

君=音楽、羽=音符、時計=iPodととらえると音楽づくりの苦悩の合点がいく。

♫まだ僕の髪でシャツで揺れるたくさんの白い羽 君はきっとどうしようもない僕に降りてきた天使♫
良い音楽をつくるには努力が必要ともとれる。

04 君の自転車

ケンカしたあとの相手の自転車にのり、気づきを得るライフソング的な楽曲。僕視点アルバムだが、この曲だけ相手視点だ。前曲の「どうしようもない僕に天使が降りてきた」の第二ラウンドか?

05 うん

実は喰わず嫌いの一曲。改めて100回以上聞き直してみたら今更にながら超良曲で再評価できたことに得した気分でいっぱいだ。
ピアノとウッドベース主体のアコーステックな曲づくりと歌詞がマッチしている。

♫梅雨の晴れ間は少しだけ次の夏の予告をする様 紫陽花の垣根の前で僕らは小さなキスをした♫
♫大事なことはいつも平凡な場所にうすくまって 僕らに気付かれるのをじっと待ってる♫
絵画的な世界と日常を同じ歌詞内にもってくる的なアプローチ。

06 I need you(ALBUM Version)

モーリスホワイト「I need You」に影響されたかのような槇原渾身のソウルバラード。絶賛片思いソング。

♫困ったとき退屈なときだけ僕を呼び出さないで I need you. But, you don’t need me.  こんなんじゃ君を知らなきゃよかった♫
アッシーくん、メッシーくんがもてはやされた時代だった。

♫友達も恋人もどっちも同じ言葉なら 遠くから見ればただの白い息で流れるよ♫
♫ちょっと見たら普通の恋人同士♫

見られ方が気になるだろうか、END OF THE WORLD でも似た歌詞がある。普通に見えない恋だったのだろうか。

07 revenge

忘れることが最大の復讐と掲げる自暴自棄な楽曲。でも、女子は都合の悪いことはなかった事にするのが得意だよね?wwwww
惚れた弱みで翻弄された悲しい男の楽曲。

♫髪も瞳も薄赤い頬も 小さな背中も 抱きしめる強さも よく泣いたことも わがままも嘘も そしてあの笑顔も全部忘れてやる♫
男はひきずる生き物…。

08 オオカミ少年

オオカミの遠吠えのサンプリングから始まるR&B風の初のラップ導入曲。現状打破したい気持ちを愛を知るために森を出るオオカミに育てられた少年に例えられてつくられている。後にヒップホップグループ「HOMEMADE家族」とコラボした「ほんの少しだけ」を発表する。
また、元ピチカートファイブのヴォーカル野宮真貴に提供した「さよなら小さな街」も似た歌詞内容となっている。

♫愛する人を探すためこの森を飛び出す♫
このアルバム発売後に槇原はワーナーからソニーミュージックエンターテインメントに移籍した。

09 THE END OF THE WORLD

槇原敬之のイメージをぶち壊すような「ないものねだりソング」。友人からの体験談をきいて書き上げたそうだが、ホントかどうかは不明。青臭いPENGUINと違って中身が具体的でえぐい。ライブツアー「under your UNDERWEAR」以外ではほとんど歌われていない。
トレンディドラマのような雨の風景で許されない恋の二人の描写を重ねた超良曲。

♪足りない物持ち寄っただけのできそこないの恋はあまりにも見栄えが悪くてきっと誰にも見守られない♪
♫世界の終わりみたいな顔をしてキスをする僕ら 間に合わせの温もりじゃもうダメになるのは分かっている♫
絶対報われない恋=世界の終わり。

タイトルにあるend of the worldは海外だと「It’s not end of the world」という肯定的な使い方のほうが多いので少しは希望があるかも知れない。

キーが高いので個人的には平井堅版を聞いて見たい。LGBTシンガーソングライターの「中村 中」がこの楽曲をカヴァーしている。

10 PAIN

モヤモヤな夜を深夜のドライブで気づきを得るソング。このアルバムを発表された時、槇原は27歳。各方面からのプレッシャーや苦悩もあったのだろう。

♫もうすぐ車は大きな橋を渡る 逃げ出した街へ戻るための「虹の架け橋」皮肉みたいで笑えた♫
虹の架け橋は1993年に開通したレインボーブリッジを指す。

♫今日ずっと抱えてたのが僕だけにしか解らない痛みなら誰も気付かない場所に捨てて何もなかったように今すぐ笑いたい♫
♫今日ずっと抱え続けた僕だけにしか解らない痛みも捨てずにこのまま持っていればもうすぐ昨日の痛みに変わるだろうか♫
♫今日ずっと抱え続けた泣きそうなときのあの胸の微熱が僕の体温になっていつかだれかのことを暖める術になる♫
歌詞が進むにつれて変わっていく意識に注目。

♫この不思議で幸せな痛みと僕は暮らしてみる しょうがないけど笑いながら追い出さないで一緒に暮らしてみる♫
のちに従兄弟の寺西一雄(SCANCHI ローリー寺西)に楽曲提供した「Name Of Love」に通じるものがある。

11 LOVE LETTER

大好きな人に渡したかった手紙を渡せないまま終わった悶々する心の乱れを描いた神曲。アマチュア時代につくられた「君の街へ 僕の街へ」がこの曲の原型と思われる。後のラジオ番組のコーナー「国民的槇原ソングNO.1決定戦」で1位に輝いた曲。
この時、槇原は強く手紙の持つ強さとアナログの持つ面倒臭さからくるコミュニケーションの重要性を説いていた。

出だしで
♫線路沿いのフェンスに夕暮れがいた♫ が登場する。そのまんまだ。
また、「君」の様子と「僕」の気持ちがミックスしていて、僕の視点が後に発表される「林檎の歌」とも似ている。

♪自転車を押しながら帰る夕暮れ この駅を通るたび 編み目の陰が流れる横顔を 僕はこっそりみつめてた♪
幼い頃に彼は絵を描くことが好きだったという。それもあって槇原敬之の魅力のひとつとして風景イメージを音源化する能力が卓越している。
ちなみに整理収納アドバイザーからの視点から見ると、思い出の品は処分 しなくてもよい。大事に持っていて。

2008年、NTT東日本のCM曲になった。(新垣結衣出演)

12 まだ見ぬ君へ

ほのぼのなメロディ奏でる意識高い系ソング。
誰からも見られてなくても来たるべき未来に心を整える。生々しい歌詞がお一人様にはグサグサくる。今だからこそこの楽曲を再評価したい。
しばらくヘビロしていた時期があった。
このアルバム発売後、WEAミュージックに移籍するためか、勝手に未来に期待する楽曲だ。人間関係にも疲れた感ありあり。

♪愛のようなものじゃなくて愛をあげたいから♪
こういった気持ちは大事にしたい。今の生活の基本だ。
追い求めるものと実際できることのズレを感じながらのクリエイションはよくある話だ。

槇原敬之  7th アルバム「UNDERWEAR」のまとめ


後のラジオやテレビで公表されたが、このアルバムで引退を考えていた模様。引退後は職業作曲家を考えていたという。
イントロのフレーズでもわかるように柔らかくて暖かいものや救いのないもの、はたまたおおちゃらけ系もあってバラエティ豊かな作品群。素の自分を見てもらいたい願望からか渾身の作であり、全てシングル化されてもおかしくない、非常に完成度の高い集大成となっている。

※2019年7月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。