映画 / 書籍 / 音楽:槇原敬之 8thアルバム「Such a Lovely Place」個人的全楽曲レビューと当時の思い出


2020年10月にデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの槇原敬之。彼の楽曲を聴き始めて30年弱。その魅力と当時のパーソナルな思い出と共にまとめていきたい。

槇原敬之のプロフィール

1968年、大阪・高槻市生まれ。電気屋の息子として生まれ、母にせかんでピアノを買ってもらい、幼い頃からピアノに親しむ。

高校生の時にNHK-FMでのラジオ番組「サウンドストリート」「C.M.C」としてデモテープを紹介、パーソナリティーの坂本龍一氏に絶賛される。のちにまとめられた楽曲集が「デモテープ1」としてCD発売された。


その後、「AXIA MUSIC AUDITION ’89」で「NG」がグランプリ & 一万人審査員賞をW受賞。

1990年10月25日シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき、君の胸が痛まないように」でデビュー。
従兄弟にはSCANCHI率いるローリー寺西。デビュー曲「NG」のサポートギタリストだった。

ちなみにローリー寺西のアマチュア時代のバンド「すかんち」「スカンチンロールショー」(オリジナル版は1988年が2007年に限定3,000枚で再販された時に、槇原敬之はキーボードとコーラスをこっそりサポートをしていた。

代表作には映画「就職戦前異常なし」のテーマソングである「どんなときも。」やNTT CMソング「遠く遠く」、SMAPに提供した「世界にひとつだけの花」がある。

詞を先に書き、メロティを後からつける手法をとっている。

最初の数枚のアルバムは恋愛テーマが多かったが、次第に作風は変化をとげる。
1999年に覚せい剤所持取締法違反で現行犯逮捕(執行猶予3年)されて以来、作風が激変。
心の葛藤や日常の何気ない気付きから着想をえたライフソングが主流になっている。

デビュー30周年にあたる2020年2月13日、午後4時44分に覚せい剤取締法違反容疑(所持)で警視庁に自宅マンションで逮捕された。

今後彼の活動がどうなるか不明だが、知り得る限りで追っていきたい。

槇原敬之 8thアルバム「Such A Lovely Place」個人的全楽曲レビューと発売当時の思い出

ソニー・ミュージック・レコ−ズに移籍後初のアルバム。金髪にしたり、坊主になったりと人が変わったかのように変身をとげる槇原敬之。同様にアルバムの構成も今までと若干異なっていて、ちょっと困惑した思い出がある。

今までの巧みな詩からなるラブソング的構成とライフソング的な心理描写の構成がうまく噛み合ったコアなファンにとってはすごく評価の高いアルバム。

1997年の出来事(個人的興味があったもの)
■消費税が5%に引き上げ
■サッカー日本代表がワールドカップ出場
■アサヒ・スーパードライ発売

槇原敬之 8thアルバム「Such A Lovely Place」個人的全楽曲レビュー

01 うたたね

うたたねで思い出を回想する歌。夏らしさ全開の次アルバム「Cicada」に入っていてもおかしくない楽曲。アルバムをまたいだ感じのがちょこちょこあるのも槇原らしい。

通常の意味としては寝るつもりでもなく、ついうとうとすること。
槇原氏が知ってか知らずか鎌倉時代に生きた阿仏尼(あぶつ)による「うたたね」という青年貴族との短い恋の顛末を描いた自伝小説風回想記がある。

タイトルからくるイメージは目立たないが、これは悩める人のたゆたう気持ちを穏やかに修復する超良曲。

♫青い海の色が欲しくて何度すくってみても透明な水は手のひらをぬけここが一番だと海にかえる♫
ソングライティングとしてもぶっちぎりに美しい歌詞。

♫気がつけば膝にかかった毛布♫
体験談で恐縮だがやられてみるとこれほど気持ちのよいものはない。

02 Fan Club Song

ファン=オンリーワンな歌詞がSMAPに楽曲提供して後に大ヒットした「世界にひとつだけの花」のベースともなっている。

♫僕は君のファンクラブメンバー 募集はたった一人のメンバー♫
♫君も僕のファンクラブメンバー 募集はたった一人のメンバー♫
きちんとお互いに共感しあっているのが槇原らしい。前半と後半で微妙に歌詞を変えて意味をつなげているテクニックが多い。

♫好きになれないものは無理せずに知らん顔するのも思いやり
♫不思議だよ 天気が良くてたまに横を向くと君が笑っていて そんな単純なことだけで僕の一日は素晴らしいものになる♫
何気にさらりと長続きするコツがwwww

03 Cleaning Man

普段陽の目をみない清掃員がテーマ。海外で撮影した時に借りたレストランでみかけた清掃員から思いついた楽曲。素朴な生活に彩りを与えるロマンテイストが溢れる。
井上陽水が唄う「リバーサイドホテル」のオマージュか。また、似たテーマでMr.childrenの「彩り」などがある。

♫帰り支度のソムリエに帽子を脱いでGood Night そのまま後ろにかぶったら僕のスタイルのできあがり♫
この歌詞にすごく惹かれる。男の子が好きなやつって感じ。当時のライブグッズで音符デザインの帽子が販売されていた。

♫恋人たちが床におとしていったパンくずと愛の言葉をほうきで集めよう♫
発想した場所が海外だったので表現もオサレ。

04 モンタージュ

ドラマ「恋の片道切符」テーマソング。実は一回だけ都内での撮影現場に遭遇したことある。PVもモンタージュ(映像の組み合わせで意味を見いだすこと 元は映画用語)テイストで演出されている。
この曲は儚さの演出か? キーが高くなっている。出だしのキーボードの印象的なメロディで始まり、恋に落ちる様子を8ビートのパーカッションに乗って心臓のドキドキにたとえた疾走感ある楽曲。

♫一目見たとき 僕は生まれて初めて 自分の耳が赤くなっていく音をきいた♫
自分の服じゃないよといいつつ、一目惚れを耳が赤くなる表現が流石。

♫理屈を並べて全てに答えを探して 方程式のないものはあまり好みじゃなかった♫
「恋はめんどくさい」でもそうだったが、理系脳な「僕」。

♫友達のレジを打つ横顔だけではやっぱりうまくいかない君のモンタージュ♫
眼から物事を記憶する脳タイプな人間にとってはこれはよくわかる。(手塚治虫、鳥山明がこのタイプ グラフィック系はだいたいこのタイプ)

脳内再生には3秒でよいのでしっかりと見てみたい。

05 手をつないで帰ろ

お年頃の10代の甘酸っぱい系ソング。関西弁での台詞が登場する珍しい楽曲。僕の言い訳がましさは健在だ。www

のちに発表する「Good Morining!」でコーラス参加した角田信朗氏が別の限定ライブに参加した時にこの楽曲を披露した。

♫僕らの日曜日には七時頃には終わる♫
昼間のみのデートを感じさせる健全さ。後に続く「印度式」に持って行くための戦略か。

♫しめったハンカチは極等の手のひらの中 ちょっと照れるけど手をつないで帰ろ♫
余談だが、2011年に「てをつなごう だいさくせん」にて「てをつなごう」を発表した。

てをつなごう だいさくせん

06 素直 ~Album version~

突然ヘアスタイルを変える癖をもつ槇原氏。金髪、モヒカンとやりつくした後にでてきたのは坊主だった。8cmシングルCDのジャケット写真はまるで囚人チック。

元々はアステル東京CMソングだった。発売後からかなり経った2007年、バンホーデンミルクココアのCM曲にもなった。

♫ポケットに手を入れながら歩く癖の訳は 一杯詰め込んだ気持ちをこぼさないように♫
iTunesなどでシャッフルするとわかりづらいが、全曲「手をつないで帰ろう」と合わせてアルバムで聴くとひとつの恋模様。
こんな風に想える人がいるだけでも「素晴らしき哉、人生」と素直に感じる。

07 情熱 ~Album version~

前回のアルバムから顔を出し始めたファンクナンバー。この後に続く「印度式」の流れがこのアルバムの山場だろう。

♫コンナニチイサクテ コンナニオロカシクテ デモ コンナニツヨクテ イトシイ♫
歌詞は槇原節だが、サウンドが重厚で「どんなときも。」と同じ人が創ったとは想えない程に幅が広い。

08 印度式

one,two,three,four 相撲部員! で始まるナイーブデブ男子がキレイになりたくてインド式エステの広告に申し込みを考える熊系おちゃらけテクノソング。
当時、電気グルーヴの「Shangri-La」もブームになっていたので触発されたのだろうか。
このアルバムでは学生時代からの友人である沢田氏もエンジニアとして参加したので、初期の悪ノリソング(スケバン刑事のパロディなど)にも通じるものがある。

歌詞について発売できるかどうかいろいろと物議をかもした楽曲。ネタとしても必聴wwww

♪打って! 打って! ホルモン注射 ちょっとちいさな胸もふくらんじゃうけど♪
♪吸って! 吸って! 脂肪を吸引 背中が案外とれにくいよね♪
発売後にも覚せい剤を連想させることでも問題になった。テキストにすると改めてわかるヤヴェえ歌詞…。

09 僕のものになればいいのに

久々登場の泣き歌。メロウな歌詞、R&B的な気だるいサウンド、全てが初期のころからグンと豊かな音楽性になっている。

♪彼にばれたらあなたはきっと痛い目にあわされる 指のピストルを僕の頭につきつけた♫
SPYだと「今僕を笑うやつはきっと怪我をする」と嘆いていたのに、形勢逆転ww
後に発表される「Hungry Spider」のPVでは指のピストルで撃たれていてなにかとつながっているwwww

10 足音

長野五輪聖火リレー公式応援ソング。槇原自身の経験からつくられた楽曲もさることながら、依頼されて創られる楽曲の完成度が非常に高い。いずれ他者に提供した楽曲のまとめもしていきたい。

♪愛をひとつ胸にかかげて行こう ぼくらの行く先には何もないけど 愛をひとつ胸にかかげて行こう 後に続くみんなの光になるから♫
あれから21年。東京五輪が開かれる2020年に何を想うか。2020年東京五輪でモアチャンスあるかも…? もう一度聴けるといいなあ。

11 Such a Lovely Place

アルバムのタイトルナンバー。トリにふさわしい。自身の今後のアルバムでライフソングへの架け橋になる楽曲。レコード会社移籍後の決意表明にも感じる。

♪いつまでたっても僕らは君の味方だよ♪
10万回くらい救われたパワーワード。これは家族以外の年頃乙女に面と向かって言われたことがあるのでよーくわかる。

だからといって個人的にはこの楽曲が大好きというわけでもない。いい曲だとは感じるが…。

槇原の友だちが相談もなく自死をした際に書いた曲。葬式の時に棺桶に種をしのばせた。そう思って聴くとこの楽曲は全く別物に化ける。ライブ時に歌う最後の英文がこの歌の意味に深みをもつ。(歌詞カードには記載されていない)

槇原敬之 8thアルバム「Such A Lovely Place」のまとめ

作詞中の回数もさることながら、いくつもの愛がちりばめられた今回のアルバム。数えてみたら16回あった。w
このアルバムは昔の思いを馳せたり懐かしむテーマの楽曲が目立つ(もちろん未来の展望も)。良いことも悪いことも含めた心の拠り所が「Such a Lovely Place」なのだろう。

※2019年7月現在 個人の感想 記憶違いあり

 

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。