映画 / 書籍 / 音楽:小倉浩二シャンソンサマーコンサート2019

スタジオ天空馬
山梨県内外で活躍するシャンソン歌手「小倉浩二」のコンサートをスタジオ天空馬にて観覧してきた。

小倉浩二シャンソンサマーコンサート2019の概要

小倉浩二シャンソンサマーコンサート2019

日 時:2019年9月1日日曜日 午後4時~
場 所:山梨・石和「スタジオ天空馬」
参加費:3,500円(税込) ワンドリンク付き

シャンソンとは?

フランス語で「歌」の意味。現在では特定の歌をさすものではなく、イメージ的にはフランスの歌謡曲全般を指す。

シャンソン歌手「小倉浩二」ってどんな人?

小倉浩二 ポートレイト
山梨県山梨市出身。早稲田大卒業後、山梨県内のマスコミに就職し、記者、TVディレクターを務めながら声楽レッスンを続ける。
1994年に渋谷のライブハウスを訪れ、美輪明宏氏の歌を聴いて、あまりにもドラマチックな表現力に心を奪われ、シャンソンを歌うようになる。

現在、ライブ活動の他、山梨・埼玉・静岡でのシャンソン教室やFM甲府「歩いてみるじゃん、わが街甲府」、「大人が愉しむ名曲たち」(76.3MHz)、FMふじやま「Good Morning ふじやま」(77.6MHz)にてラジオのパーソナリティーも務める。

小倉浩二シャンソンサマーコンサート2019のセットリスト


ヴォーカル、ピアノとパーカッションの構成。パーカッションは佐野慈一氏、ピアノはシャンソン界のイケオヤジこと花井 研氏によるもの。

曲数は多いが、曲自体は短いものばかりなのでテンポよく進行。

第1部

■ 私の人生
■ ビィラーレ
■ ひまわり
■ ゲストコーナー その2
■ ホテル・ノルマンディ
■ ぶどうの季節
■ 脱走兵
■ それはあなた

第2部

■ フォーミーフォミダブル
■ 月明かりに誘われて
■ 鏡の中のツバメ
■ ゲストコーナー その2
■ メケ・メケ
■ 遠い道
■ ヨイトマケの唄
■ 君と旅立とう

ゲストコーナー

シャンソン歌手 小倉浩二と干場香苗
現在シャンソン歌手活動20周年記念コンサートで全国を飛び回っている小倉氏。
その縁もあって石川・金沢からスペシャルゲストである干場香苗氏が登場。
パワフルな歌声を聴かせてもらった。


また、ジャズシンガーであり、ラジオパーソナリティーでもある明石小百合氏による歌のセリフの朗読も披露。

アンコール

IMG_7881
「再会」というシャンソン楽曲を甲州弁にかえて歌った。時折、笑い声がでて楽しいひとときだった。甲州弁っておもしろくてやっぱり愛おしい。(3分23秒 約86MB)

現実的なフランス人が歌うと暗くなりがちなシャンソンだが、こんな楽しみ方もあって奥深い。

小倉浩二シャンソンサマーコンサート2019のまとめ

山梨市出身のシャンソン歌手の小倉浩二
聴き覚えがある曲もいくつかあり、シャンソンが初めてでも楽しめる構成だった。年齢層が40~70代と高かったが、深読みするとシャンソンは何歳でも楽しめると感じた。

今後も東京、愛知、福島、アジア諸国と活動の幅を広げる小倉氏。目が離せない動きに期待だ。

※2019年9月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。