映画 / 書籍 / 音楽:槇原敬之 10th アルバム「太陽」個人的全楽曲レビューと当時の思い出

槇原敬之 個人的全楽曲レビューと当時の思い出

2020年10月にデビュー30周年を迎えるシンガーソングライターの槇原敬之。彼の楽曲を聴き始めて30年弱。その魅力と当時のパーソナルな思い出と共にまとめていきたい。

槇原敬之のプロフィール

1968年、大阪・高槻市生まれ。電気屋の息子として生まれ、母にせかんでピアノを買ってもらい、幼い頃からピアノに親しむ。

高校生の時にNHK-FMでのラジオ番組「サウンドストリート」「C.M.C」としてデモテープを紹介、パーソナリティーの坂本龍一氏に絶賛される。のちにまとめられた楽曲集が「デモテープ1」としてCD発売された。

その後、「AXIA MUSIC AUDITION ’89」で「NG」がグランプリ & 一万人審査員賞をW受賞。

1990年10月25日シングル「NG」とアルバム「君が笑うとき、君の胸が痛まないように」でデビュー。
従兄弟にはSCANCHI率いるローリー寺西。デビュー曲「NG」のサポートギタリストだった。

ちなみにローリー寺西のアマチュア時代のバンド「すかんち」「スカンチンロールショー」(オリジナル版は1988年が2007年に限定3,000枚で再販された時に、槇原敬之はキーボードとコーラスをこっそりサポートをしていた。

代表作には映画「就職戦前異常なし」のテーマソングである「どんなときも。」やNTT CMソング「遠く遠く」、SMAPに提供した「世界にひとつだけの花」がある。

詞を先に書き、メロティを後からつける手法をとっている。

最初の数枚のアルバムは恋愛テーマが多かったが、次第に作風は変化をとげる。
1999年に覚せい剤所持取締法違反で現行犯逮捕(執行猶予3年)されて以来、作風が激変。
心の葛藤や日常の何気ない気付きから着想をえたライフソングが主流になっている。

デビュー30周年にあたる2020年2月13日、午後4時44分に覚せい剤取締法違反容疑(所持)で警視庁に自宅マンションで逮捕された。

今後彼の活動がどうなるか不明だが、知り得る限りで追っていきたい。

槇原敬之 10th アルバム 「太陽」の発売当時の思い出

逮捕から約1年後の発売。それでも、秋発売の流れは守られていて草。
捕まっても仕事はしちゃいけないというわけでもない事を聞いてヘェーってなった思い出がある。
ジャケットも今までのものとデザインの方向性が変わったり、ツアーもなかったので静かな再出発だなと当時は思った。
個人的にも転職を始め、変化の激しい年だったのでだいぶこのアルバムには救われた。

2000年にあった出来事(個人的に興味のあったもの)
■PC2000年問題
■シドニー五輪で女子柔道と女子マラソンで金メダル獲得
■DVD再生もできるゲーム機PlayStation2発売

槇原敬之 10th アルバム 「太陽」個人的楽曲レビュー

ソニーから古巣ワーナーに戻り再出発なデビュー10周年アルバム。確実に離れた人たちもいた中でのひっそりと発売。ライブツアーはもちろん、派手なプロモーションがなかった。発売当初の売り上げもひっそりだった記憶が。SACD版での発売もあった。

全体的に音数が少なく、個々の楽器の強さをうまく惹きだしている。
そのため、いろいろなアレンジに加工できるサウンドづくりになっている。

01 彗星

初期を彷彿とさせるピアノとアコースティックギターの旋律が美しい楽曲。戻ってきたと実感できる槇原氏らしい前奏にしたのはきっと確信的。

♪次の流れ星を合図に渡り鳥は冬を飛び立つよ 僕らはもう少しこの嵐の中で静かに強くなろう♪
宮沢賢治的な世界。今回のアルバムは仏教の教えが色濃く反映されていると感じる。

最初、アルバム名を「彗星」するつもりだったようだ。
結局のところ、消えてしまう彗星ではなく永久不変の「太陽」に変わった。

02 キミノイイトコロ

相手の長所を見つけ合う槇原ワールド全開な楽曲。

♪君から電話がかかってきた 今日の天気とかを話した この美しき日常で君と恋をしてる♪
他愛ない日常をメロディにのせるのはさすがとしかいいようがない。

♪君のいいところはいわない 内緒にしておく だけど同じようなことできるようにするから♪
最初この歌詞の意味がわからずにずっと聞いていた。後に意味を聞いて理解はできたが、心で感じない。内緒にせずに言えば良いのに…。

♪誰かを喜ばせようとして盗んできた花をあげても花が枯れるより先に愛は枯れてしまう♪
こちらの歌詞のほうがヲレ的には響く。この部分は後に鈴木雅之に提供した楽曲「Boy,I’m goona try so hard」に似た歌詞を発表している。

03 PLEASURE

認める、認められるの承認欲求をJAZZYなリズムに乗せて作られている。
タイトルの英訳である喜び、楽しみの意味とは裏腹な花と狂気がテーマのハードコアな歌詞。
ただ、復帰後初のアルバムで♪僕は運が悪かった♪っていう出だしの歌詞はどうかと思う。www

♪不思議なんだ 君が笑うと 僕の中にも花がさくよ 雑で乱暴な僕の中に 綺麗な花がさくよ♪
花の下りは後に発表する「世界でひとつだけの花」「LOTUS IN THE DIRT」につながる。
この頃から花に対して傾倒していたようだ。

04 濡れひよこ

男子の日常を謳歌した楽曲。ヒヨコの鳴き声のサンプリングが入ったり、テクノ調なサウンドで自己探求した感あり。YMOの「体操」にも通じるものがある。
賛否両論があったが、アルバム発売前の微妙な時期に坂本龍一のライブにもゲスト参加。

♪「ただいま」「おかえり」きょうも一人で言ってしまった僕は濡れひよこ♪
一時期、矢野顕子氏の影響を受け、「ただいま」「愛がなくちゃね」という楽曲を毎日のように聴いていた時期があった槇原氏。彼らしいリスペクトを感じる。

♪そうさ がんばれ! 濡れひよこ お風呂で暖まったらちゃんと乾かしてから寝ればもとのひよこ♪
アイディアはきっとお風呂のひよこちゃんからだと思われ。

曲を通して「孤独だし、生きていくのは大変だけど、リセットして明日も元気でいこう」な芯の強さを感じる一曲だ。

05 I ask.

前述のPLEASUREをより色濃くした歌詞の完成までに1ヶ月以上かかった内省ソング。

♪I ask myself 僕は問いかける I ask myself 僕の中に I ask myself 僕の知らない僕がいて 慣れたはずの悲しみを見当違いの誰かではらさないように♪
前半パートでは「見当違いの誰かではらさないかどうか」と歌っているが最後には「はらさないよう」にと変えているのがポイント。

06 WILD RABBITS

ダンサブルでビート感あふれる楽曲。このアルバムでは異色。

♪逆光で縁取られた僕らの影がながくなるまで遊ぼう♪
ここで自分たちの影をウサギの耳の例えているのが天才的。
ひよこといい、野ウサギといいいきものがかりを意識していたののだろうか?

07 迷わない羊

ウッドベースを中心とした JAZZYな楽曲。すごくスタリッシュに作っているが歌詞はドロドロ。
爽やかなイメージの高かった槇原氏だがブラックな面を振り切ったかに感じる。
後に続く「太陽」への布石か、このあたり(07~09)から深夜をイメージする曲の流れとなっている。

♪僕らの目の前に現れるいくつもの分かれ道 みんなの選ぶ方が必ず正しいとはもう思えない
心につくる逃げ場所が嘘を隠すためならば 持たない方を選ぶよ
 僕は迷わない羊になる♪ 
軽快なメロディにのせて綴るハードな歌詞は槇原氏の得意とするところ。

♪でも無理だね 君は嘘吐きだもの♪
最後に歌われる吐き捨てるようにシニカルな捨てセリフwww
当時、「思い当たることが多くて耳が痛い」と聞けずにいたファンも多かった。ライブでも歌われた記憶もない。いや、あるかも?

08 Going Home

望郷漂う楽曲。当時、しばらく実家に帰っていた様子。
3rdアルバムの中にある「遠く遠く」は帰りたいけど帰らないことを歌っていたが、この楽曲は帰りたい雰囲気が漂う。

♪自分でも気がつかないちいさな苛立ちを積み重ねくたびれたぼくにキンモクセイが遠くを見ろと教える♪
キンモクセイをこんな使い方をする人は他に見たことがない!

♪心をうずめに帰ろうか♪
曲の最後に強く印象づけるためのアクセント的な口笛が流れる。

09 SIMPLIFY

無駄をなくしたかったのか、曲名のようにシンプルで単純な楽曲。
聞く人によっては耳の痛い歌詞が続く。

♪Are you get into believe responsible?♪
出だしと最後の英文は「責任があると信じていますか?」
メンズの掛け声とドラムのリズムが地獄で審判を下されそうなイメージを演出。

♪ややこしく生きているように見えても 僕らは単純に自分を信じているのさ 許しを請いながら生きるつもりはないだけなんだ♪
シンプル最強! 難しく考えるすぎても結局は元に戻るので物事は単純に。

10 太陽

タイトルチューン。アルバムの順番でいくとほぼ100曲目?(未確認)
格子越しに見えた太陽の眩しさからできた楽曲と何かの雑誌だがラジオで聞いたがうろ覚え。
雨の楽曲を多くもつ槇原だが、意外にもその対称となる太陽についてライティングしたのはこれが初めてだろう。
前半モヤのかかったような表現が進む。後半に進むにつれて音質がクリアになる手法は面白い。

唯一無二の普遍的存在としての太陽をテーマにした楽曲。
当たり前は当たり前じゃない。普段気づけないことを気づかせてくれた自然への賛歌。

♪美しさは変わらない もしも変わるとすれば それを映す人の気持ちが変わるだけだから♪
言葉通りに読むときれいな文章だが、行間を読むとけっこうダーク。
いろんな人に裏切られたんだろうな…。

♪誰かのための幸せを当たり前のように祈りたい 今の僕に必要なのはただその一つだけ♪
優しくしたいがそれすらできない。ただ祈るだけ。だがそれも難しい。サビよりこちらのほうがグッときた。それは発売当初と20年経った今でも変わらず。

アルバムの順番で聴いているとダークな楽曲が続いて不安になるが、クライマックスに「太陽」で昇華する手順を踏んでいる。
槇原氏の中でも屈指の名曲なのでそろそろ関ジャムでも紹介してほしい。www

11 Ordinary Days

Original(独創的)かと思ったらOrdinary(平凡・日常)だったwww
中華風なサウンドの中でもうラブラブな歌は作らないよといいたげな決別ともとれる楽曲。

♪君からみた友達やTVの中でよく見かける 切り取られた場面を幸せだと思ってるならすぐやめな♪
TV、雑誌などなど事件発生からその後の1年半のことを語ってるのだろう。

♪誰かのせいにして嘆く分君の時間は減っていく 暴れて人を傷つけるなら賢くなって自分を守れ♪
当時、彼に対しての風あたりが強くネット上の巨大掲示板界隈が賑やかだった。それに対するアンサーともとれる歌詞だ。

♪安心しなよ 君は特別不幸じゃないし 安心しなよ 君の人生は君だけもの♪
食べていける仕事と暖かい布団と食事があり、ささやかな趣味と好きな音楽が聴けるだけで人生勝ち組だと思う。

槇原敬之 10TH アルバム「太陽」個人的楽曲レビューのまとめ

このアルバムから槇原氏の曲作りは恋愛至上から、日常やささいな心情を歌うことに変化した。
彼が信じる音楽と目指すべき生き方が明確に現れ、曖昧なものを無くしたよい意味でポップスから離れた裸のアルバムだ。
当時30代前半。自己を見つめるのもちょうどいいタイミングだったと思う。

復帰後、当時のラジオの特番など聞いていたが、どう考えているのかは本人のみぞ知る。
個人的には彼の楽曲が聴ければそれでいい。それ以上は望まない。ただ祈るだけ。

※2020年1月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。