店舗紹介:D&DEPARTMENT YAMANASHIの店舗営業最終日 写真レポート

D&DEPARTMENT YAMANASHIの壁面

2020年6月30日、D&DEPARTMENT YAMANASHI by Sannichi-YBS の活動が終了した。
その土地の「長く続くよいモノ・コト」をコンセプトにしているお店だった。
盆地で7年間続いていたがとても残念。

最終日の様子をレポートしたい。

D&DEPARTMENT 5つの基準

D&DEPARTMENTにはロングライフデザインを生活に根づかせるための5つの基準がある。
あらためてどんなだったかコンセプトを振り返ってみたい。

知る

作り手を知る

使う

自分たちでまず使う

引き取る

買い取れる価値のものを販売する

直す

直して使い続けられるものを売る

続く

メーカーにずっと作る気持ちがあるかどうか

D&DEPARTMENT YAMANSHIの店舗営業最終日の様子

D&DEPARTMENT YAMANASHIの屋外黒板
ロゴマークのみの黒板

営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHI 【SHOP部門】

商品はほとんど売り切れ、ガランとした様子。お客さまも数人。
靴箱とアイスクリームボックス、カーキ色の洋服が最後の売れた品だった。
什器も販売されていて、いくつか買い手がついていた。

営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHI
商品はほとんど売れてしまった
営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHIのワインセラー
3畳ほどのワインセラー ひとつひとつに特徴際立つ山梨のワインたち

営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHI 【CAFE部門】

営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHI カフェ
綺麗に整頓されたカフェカウンター
営業最終日のD&DEPARTMENT YAMANASHIのカフェにあるマルニ60
誰も座っていない40席のマルニ60のチェア
D&DEPARTMENT YAMANASHIのカフェテーブルとメニュー
特注のテーブルの上にのせたメニューとライト
スタッフ宛てにワイナリーの方からいただいた花束が飾られていた

閉店時間を迎えたD&DEPARTMENT YAMANASHI

シャッターが閉められたD&DEPARTMENT YAMANASHI
シャッターが閉められたD&DEPARTMENT山梨
D&DEPARTMENT YAMANASHIの閉店告知
山梨での活動終了の告知
D&DEPARTMENT YAMANASHIの最後の黒板イラスト
表にでると活動終了のタイムスタンプ 墓標のよう…
D&DEPARTMENT YAMANASHIの外観
外観遠景 丹下健三の設計による「山梨文化会館」の2階に入居していた

閉店を発表した時の記事

閉店後のD&DEPARTMENT YAMANASHIの外観

黒板はすでに撤去されていた

閉店後のD&DEPARTMENT YAMANASHIの外からの様子

閉店後のD&DEPARTMENT YAMANASHIの外観
カーテンが閉められていて中の様子を見ることはできない

カフェエリアはフォーハーツカフェの本店が甲府市の中心街にあるので、同店のいくつかのメニューは食べることができる。
だが、クレープやガレットを焼く機械を置くスペースが厳しいので現状ではメニューに加えない方向とのこと。残念。

D&DEPARTMENT YAMANASHIの閉店のまとめ

今後、新たな店が入るのかそのままなのか不明だが、ワインセラーはそのまま残っているので山梨ワイン関係のお店に期待したい。

依然閉店に対して消化しきれてなくてモヤモヤしっぱなしだが、これだけは書きたい。
ありがとうd山梨店!

※2020年7月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。