半額生活:岐阜県産 恵那どり


買わない日はないと言って良いくらい、半額で購入することが増えている。メインは日用品だが、期限が気になる食品の代表である肉類も例外ではない。(目に見えて劣化しているのがわかるので、野菜類は半額ではほとんど買わないことにしている。)

半額で購入した岐阜県産恵那どりの特徴

抗生物質、抗菌剤を一切使用しない飼料で育てられた新鮮な若鶏。
なぜ盆地に流通しているかわからないが、安全なので半額の時によく購入する。

メーカー

株式会社 トーノーデリカ(加工)

商品名

岐阜県産 恵那どり むね肉1枚

価格

176円→88円(税込)

購入場所

スーパーマーケット オギノ

半額で購入した岐阜県産恵那どりのまとめ


通常我が家で肉を買った時は劣化を抑えるためにすぐに冷凍してしまうが、最近は時間に余裕があるためにその日の深夜に調理してしまう。40過ぎたヲッサンの手抜き手料理だが、家族は文句を言わずに食べている。
市販品のパスタソースも混ぜていることもあって、全体の味付けは問題なし。賞味期限も翌日なので、品質も特に気になるものでもない。
半額商品の選び方・使い方をうまく活用できれば、人生の幅は増えるのは間違いない。
ほんのちょっぴり家計(数千円レベル)にも貢献しているのは書くまでもない。

※2019年2月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。