日本ワイン:ひさびさの日本ワイン会、ボーペイサージュの垂直飲みとドメーヌミエイケノ、ファンキーシャトーを楽しむ

  • ブックマーク

日本ワイン会、ボーペイサージュの垂直飲みとドメーヌミエイケノ、ファンキーシャトー
GW最中の5月3日、甲府グルメ横丁内にあるワインバー「オアシス」にて「かってきままワイン会」が開かれた。

これはお店で知り合ったワイン仲間たちが、自宅に寝かしておいたスペシャルな日本ワインを放出する催しだ。急に決まったのでタイトルも「かってきままワイン会」となった。

今秋公開予定であり、日本ワインの常識を変えた実話ベースの映画「ウスケボーイズ」に登場するワイナリーのワインたち(一部それ以外も)の予習会でもある。

今回飲んだワインリスト 12種

Caney Koshu 2011
Caney Koshu 2011
事前には知らされていなかったワイン。
早くに来た人たちのために、喉を潤して口を滑っこくするために提供された。粋な計らい!

Sogga Père et Fils Rosé Sparkling E1 2014
Sogga Père et Fils Rosé Sparkling E1 2014
長野・小布施にあるワイナリー。
ワイン畑で一切化学的な農薬、肥料を一切使わない自然派ワイン。(除草剤、殺虫剤、現代殺菌剤不使用)無補糖、天然酵母での醸造。JAS有機認証取得。ネット販売不可(※2018年4月現在)
伝統的なシャンパンと同じ製法で作られている。(瓶内2次発酵して炭酸ガスを作る製法)
品種:シャルドネ、ソービニヨン・ブラン、アリカント、メルロー
やや甘い。後味に軽いタンニン。

くらかけねつブラン アリゴテ 2017
くらかけねつブラン アリゴテ 2017
ぼんじゅーる農園で収穫されたぶどうを原料とし、委託醸造により生産。
総生産本数348本と超少数生産のワイン。
アリゴテ品種。果実味が強く、デラウェアのよう。

Domaine Mie Ikeno Chardonnay 2016
Domaine Mie Ikeno Chardonnay 2016
山梨・北杜市にあるワイナリー。醸造家は池野美映氏。
シャルドネグラスは10周年記念でいただいたものを持参。
ブルゴーニュスタイルなワイン。寝かしておいたらさらに厚みが出た。
ヨーロッパ式垣根栽培。化学肥料、除草剤不使用、草生栽培、環境保全型循環農業。熟成5〜7年推奨。

ネット販売売切中(※2018年4月現在)
山梨・北杜市にあるリゾナーレ八ヶ岳内のワインショップにて試飲(有料)と購入可能。

ドメーヌミエイケノの過去記事は→こちら

バター感が強い、フレンチオークの小樽。熟成8〜10ヶ月。

Beau Paysage Chardonnnay 2014
Beau Paysage Chardonnnay 2014
「ワインは人が造るものではなく、土地が造るもの」という思想のもと、化学肥料や農薬などを使わず、収穫や仕込みを行い、土地の個性をあるがままに反映させたワイン造りをしている。

同じ北杜市で造られているDom.Mie Ikenoと比較してみた。

それぞれの特徴
ボーペイサージュ=柔らかい
Dom.Mie Ikeno=はっきりとパンチが効いてる。年数が経つと穏やかになると思われる。

Beau Paysage Tsugane La Montagne2013、2014、2015、2016Beau Paysage Tsugane La Montagne2013、2014、2015、2016
Beau Paysage Tsugane La Montagne2013、2014、2015、2016
北杜市にあるワイナリー。栽培・醸造は岡本英史氏。
現在抽選制。なかなか当選しないワイン。
ネット販売品切中(※2018年5月現在)

手づくりのワイン。メルロー主体。
垂直飲みといって収穫年の違うワインを飲み比べる。
(垂直飲みについての記事は→こちら

2013と2016のニュアンスが近(軽め)。2015はこってり、2014はさらにこってり。時間が経つと甘みがでる。
全体的に若草の香り。


Says Farm Merlot 2016
Says Farm Merlot 2016
富山・氷見市のワイナリー。
メルロー。生産本数1,573本。無濾過。
ネット販売品切中(※2018年5月現在)

Chateau Mercian Mariko Sangiovese 2015
Chateau Mercian Mariko Sangiovese 2015
長野県上田市にある自社管理畑のサンジョベーゼ種。
217本限定。おそらく1樽分のみの生産。

Funky Château Sangiovese2016
Funky Château Sangiovese2016
長野・小県青木村にあるワイナリー。
無化学農薬栽培、自然発酵。
サンジョベーゼ85%・シラー15%、樽熟成9ヶ月。

合わせた料理




10人で12本だったので一人あたり1本以上空けた計算になる。
ワイン会としてはかなりの量だが、不思議と翌日は2日酔いにはなっていなかった。農薬を使っていないワインだからかもしれないが、単に楽しかったからなのかもしれない。

久しぶりの大掛かりなワイン会への参加。たくさん飲んで、たくさん喋ってよいリフレッシュになった。

※ワイン情報は一部webより抜粋

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。