盆地の風景:北杜市で桜ハシゴ

  • ブックマーク

北杜市方面が満開との情報を得たので、早朝から出かけた。
車を出した時間帯がラッシュアワーだったが、ポイントを抜けるとスムーズに運転できた。

「神代桜」

最初に着いたのがここ。実相寺境内にある樹齢2000年を超える国指定天然記念物だ。日本最古の桜の木だ。
早朝だったが、駐車場や屋台の人が元気良い。
が、観光客はほとんどいなくて、数台県外の車が駐車していただけだった。
撮影も楽々。
「神代桜」

次へ向かう。

「清春藝術村」

まだ開園前だったので、玄関先で撮影したのみだった。
通常月曜日は定休なので開園はしないはずだったようだが、桜が満開なので臨時開館したことを後から知る。w
また、桜だけでなく、安藤忠雄設計の美術館があったり展示しているアートのレベルも高いので機会があれば是非出かけてみてほしい。

「清春藝術村」
右背後の山は「甲斐駒ケ岳」だ。

「わに塚の桜」

帰り道だったので「わに塚の桜」に寄ってみた。
ここも人気スポットでカメラマンが大勢いたが、月曜だったのでそれほどでもなかった。

樹齢は300年。正式には「王仁塚」と書くらしい。日本武尊の王子武田王の墓、前方後円墳、王仁族が住んでいた所と諸説ある場所として知られている。
「わに塚の桜」
相当大きい幹。夜にはライトアップされる。

駆け足で巡った桜のはしご。
来年はゆっくり花見をしながら日本ワインを飲みたい。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。