店舗紹介:八ヶ岳を感じるオーガニックレストラン TERROIR 愛と胃袋[再訪]

  • ブックマーク

TERROIR 愛と胃袋の看板
昨年、お子の誕生日が近かった日曜に出かけたことがあったが、今年も出かけてみた。
タイムスタンプをみると、4.22だったのでジャスト1年以来だ。

どんなお店?

甲州街道にあった最後の宿場「長澤宿」にたたずむ築170年の古民家をリノベーション。
八ヶ岳の風土を感じるオーガニックレストラン。

前回の記事は→こちら

4月下旬といえども、季節外れの真夏日。店舗のある北杜市高根町でもかなり暑かった。

TERROIR 愛と胃袋の店舗外観
季節柄かかなり巨大な鯉のぼり。よくみると金太郎もいる。

TERROIR 愛と胃袋の和室
最近みかけない畳。ぱっと見12畳くらい。

囲炉裏のある部屋。座布団が敷かれていることから普段つかっている模様。

TERROIR 愛と胃袋の販売コーナー
レストラン手前。体によい食材を使った販売エリア。

TERROIR 愛と胃袋の客席
ガラスドアを開けると店内。ちょうど、桜が舞っていた。

TERROIR 愛と胃袋のカトラリー
お店をオープン時にオーダーメイドしてつくってもらったカトラリー群。
去年のものとは違っていた。

予約時に料理のコースを伝えていたので、続々登場し始める。

<料理編>
ひよこ豆のカダイフ
ひよこ豆のカダイフ
中近東の料理。ひよこ豆のピューレをコロッケ状にしたもので土台に山梨県産のバルサミコ酢がこっそり味付けされていた。

人参植木鉢 / 石毛さんの野菜たち / 自家製生ハム
オードブル
人参植木鉢 / 石毛さんの野菜たち / 自家製生ハム
鉢状の器の真ん中の人参の下に土をイメージした付け合わせがあった。
これが美味しい! ほんのり甘みがやってくる。
周りの野菜は柚味噌ベースのドレッシング。野菜がかなり柔らかい。すごく新鮮だ。

グリンピースのポタージュ
グリンピースのポタージュ
前回も食した一品。グリンピースの嫌な生臭さがなく、何度でも食べたいと思う。

八ヶ岳湧水鱒の炭火焼き
八ヶ岳湧水鱒の炭火焼き
清里高原の綺麗な水で育てたマス。臭みが全くない。
今が旬のタケノコと自然栽培の米を添えて。

自然栽培小麦をつかったカンパーニュ
自然栽培小麦をつかったカンパーニュ
横にある油を足して食べるとパンの甘みと塩味がはっきりとでてきた。

韮崎市にあるぶぅふぅうぅ農園の放牧豚 / フィレ肉の炭火焼き
韮崎市にあるぶぅふぅうぅ農園の放牧豚 / フィレ肉の炭火焼き
白州の肉厚しいたけを添えて。クレソンとワサビの葉は八ヶ岳湧水鱒の水掘り付近に自生していたもの。シャキシャキ。

お誕生記念のプレート
お誕生記念のプレート
チョコレートのマカロン。お花が飾られていた。


阿部さんのいちごといちごのソルベ
阿部さんのいちごといちごのソルベ
標高が高いのでまだいちごをまだまだ楽しめる。ソルベの下に3つ入ってた。


食後のコーヒー
エスプレッソとハーブティーの3種の中から選べる。

<ノンアルコール編>
1周年を迎えた機にあたらしく登場したノンアルコールのペアリング。
甘口からスパイシー、辛口まで料理に合わせたバランスが良い。
オーダーした最初の客とのこと。w



2番目と4番目の間に3番目があったが、撮影し忘れてしまった。甘酒みたいな感じのカクテル。

<お子様メニュー PakuPaku編>

4品(スープ・パン・放牧豚のやわらか煮・フルーツ)の構成。
2〜4歳対象なので大人のに比べると味付けが薄めにしてある。
シェフ自身も子持ちなので、塩梅が完璧だった。

トイレ
ちゃんと高齢者向けのバーがついていたり、乳児向けの簡易ベッドが備え付けられていた。
お店のコンセプトがきちんと考えられている。ベビーから100歳のマダムまで幅広い層に愛されるお店。


帰り際、ふと目をやると、近場に畑をもつボーペイサージュのワインが並んでいた。(持ち込み分とお店の在庫比率は不明 ※要確認)
去年はなかったので、今後のラインナップに期待。
奥にはドメーヌオヤマダのBow! や金井醸造のシャルデラもあった。(驚)

料理は去年と変わっていた。さらに地域性が現れた感じに整っていた。
年々進化する愛と胃袋に期待したい。

dinnerにワイン飲みながら訪問したいのがとりあえずの目標。
※2018年4月現在

おまけ
行く途中に眺めた「道の駅きよさと」のこいのぼり群。
「道の駅きよさと」のこいのぼり群
Terroir愛と胃袋
LUNCH 11:30-14:00
DINNER 17:30-21:00 ※ランチ・ディナーともに要ご予約
駐車場20台

定休日
月・火曜日

TEL:0551-30-9199(9:00-20:00)
http://aitoibukuro.com
山梨県北杜市高根町長澤414

山梨県北杜市高根町長澤414
  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。