店舗紹介:Marimo & cafe diningの5周年記念パーティー ~マルサン葡萄酒の若尾氏を招いて~

  • ブックマーク

笛吹市石和町にあるMarimo cafe & dining店舗入口
1916年創業の山梨・笛吹市にある屋根のプロ集団「一ノ瀬瓦工業」が運営しているカフェ「Marimo cafe & dining(笛吹市石和町)」が5周年を迎えた。それを祝って5月12日に特別企画「フリーワインパーティー」が開かれたので参加してきた。

参加条件条件
■ 参加人数は最大20名
■ 1申し込みにつき2名まで
■ 抽選制

なんとかクリアして参加決定。

笛吹市石和町にあるMarimo cafe & dining 笛吹市石和町にあるMarimo cafe & dining 笛吹市石和町にあるMarimo cafe & dining
会場到着。すでにセッティングされていて何人か来ていた。
雰囲気も可愛らしく女性向けの落ち着く空間となっている。


主催者である一ノ瀬氏から5周年にあたり感謝の気持ちが述べられた後、スパークリングワインでの乾杯。


用意されたのは一般販売されていないシャルドネスパークリング 2012だ。6年熟成。200本生産。シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵。

こういった計らいで一気に会場のお祝い感が満ち溢れた。


ワインに合うオードブルがずらり。

時計回りに
■スモークサーモンのタプナード
■カプレーゼ
■パルマ産プロシュート
■自家製ピクルス
■牛肉のワイン煮込み
■鴨スモークの炙り(バルサミコソース)
そして中央は、子牛のハーブローストローズマリー添え。

醸造家と相談しながらワインに合うメニューを試行錯誤した甲斐もあって、白にも赤にもあうメニューだ。


また、後半にはパンとチキンのパスタがでた。

マルサン葡萄酒のマスカットベリーA
食材と合わせながら6種類のワインを飲み比べ。


ワインの説明をする若尾氏。マルサン葡萄酒 代表取締役。
山梨・勝沼で栽培を約400年、醸造は60年の歴史がある家族的ワイナリー。
中には若尾氏ストックのスペシャルワインもいくつか登場。生産本数が少なすぎて一般には流通していないものだ。百というボトル名には100%と百姓の意味が込められている。

マルサン葡萄酒の甲州ワイン
<右>甲州 百 2011   まろやか。
<左>甲州 百 2017  10月中旬収穫。先月瓶詰めしたばかり。


<右>ベリーA 百 2013 収穫は遅め完熟したもの。2013年はMarimoがオープンした年だ。
<左>ベリーA 百 2017 軽い。渋めはついていない。バラの香り。エレガント。

若尾果樹園 2017
若尾果樹園 2017  800本生産。

これは生食用のぶどう20種類をブレンドしたもの。ロゼ。舌の上でいろいろな味が混ざって不思議な辛口。

ブレンドされているぶどう品種

瀬戸ジャイアンツ 24%
ピオーネ 23%
マスカットベリーA 9%
ウルバナ 8%
バイオレットキング 7%
巨峰 7%
メルロー 5%
ルーベルマスカット 3%
紅バラード 2%
早生甲斐路 2%
ハニービーナス 1%
サニールージュ 1%
ハニーレッド 1%
雄宝 1%
デラウェア 1%
クイーンニーナ 1%
安芸クイーン 1%
ブラジル 1%
翡峰 1%
ビッテロビアンコ 1%
(2017年版 年によってブレンドが変わる)


最後にこれまた未発売のプチベルドー2014が登場。
病気に強い品種。糖度が25%と高く、無穂糖。
アメリカンオーク樽熟成2年半。タンニンは感じられず。


パーティーも終わりに近づき嬉しいチーズケーキのデザート登場。

5周年という節目をマルサン葡萄酒の若尾氏を招いてのパーティーとなり、作り手の想いや甲州ワインの楽しみ方、Marimoで出された食を使ってワインの愉しみを感じた良き会となった。


おまけ 石和温泉駅構内の白いバラ群

Marimo cafe & dining

営業時間 11:30~23:00
ランチ11:30(L.O. 13:30)
カフェ14:30~18:00
ディナー18:00~23:00(L.O. 22:30)
定休日 木曜日
電 話 055-298-6458

※2018年5月現在

笛吹市石和町松本829-3  石和温泉駅より約徒歩10分

笛吹市石和町松本829-3

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。