店舗紹介:南アルプス市から甲府市貢川へ移転した「konoha」で雑貨日和

  • ブックマーク

konohaの店舗入口
お子との散歩の帰り道、新しい雑貨店がオープンしていたので寄ってみた。南アルプス市にあった「konoha」だった。甲府市に移転してきた模様。春先にはオープンしていたが全く気づかず・・・。
「konoha」はキッチン系の雑貨、布小物、リネン、古道具、リフォームを手がけるお店だ。南アルプス市にあった頃は、営業時間が短くて地元では知っている人が少なかったが、確かなセレクトが多かったので全国的には常連が多数いた。

南アルプス市にあった「konoha」店舗風景(2012年当時)

南アルプス市にあったkonoha南アルプス市にあったkonoha 南アルプス市にあったkonoha

今回移転してきた店舗はこじんまりとした柔らかい雰囲気のお店に仕上がっている。前回とは方向性は同じだが、今風な店舗になっている。

取り扱い雑貨
器 / リネン / 古道具 / 写真 / キッチングッズなど益子焼やいろんな国内の作家ものの器やカトラリーがある。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
レジ付近。
おかゆスプーンやコースターなど。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
全体的にフランス風な色調。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
窓際にはスタッキングできるワイングラスが。
宅飲みにちょうどよいサイズ。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
国内の作家たちの作品が陳列されている。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
天井にはアフリカ製のカゴがバランスよく吊られている。

山梨県立美術館前の雑貨店konoha
手前は器。奥は今治の生地。小嶋三樹さんの写真販売も。


店内を徘徊していたら温かいお茶をお出しいただいた。

おかげでゆったりとした気持ちで雑貨収集ができた。
富士川町の『アデムク亭』のパンが届いたり、カフェイベントも定期的に行われているようなので、美術館の帰り道に雑貨店に寄る、生活密度が高い生活ができそうだ。

※2018年5月現在

konohaのインフォメーション

営業時間 水曜~日曜日 午前11時~午後6時
住  所 甲府市貢川2-1-11-1A  (山梨県立美術館前)
電  話 055-209-2436

http://www.instagram.com/konoha_works

甲府市貢川2-1-11-1A
  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。