日本ワイン:「洗馬白2017 & 赤2016 / ドメーヌオヤマダ」

この時期になるとリリーズが待ち遠しい日本ワインがある。ドメーヌオヤマダのフラッグシップワインである洗馬だ。
他にも「日向」、「万力」とリリースされているがそちらは飲める時になったら次第レポートしたい。

ドメーヌオヤマダについてはこちらの記事

長野・洗馬で栽培されたぶどうを山梨・勝沼で醸造。地域をまたがってるので新ルールの表記により来年以降のワイン名はどうなるかが不明だが、飲めなくなるわけではないので、今を愉しむことにする。

洗馬 白2017 / ドメーヌオヤマダ
洗馬 白2017 / ドメーヌオヤマダ
ソーヴィニヨンブラン、シュナンブラン主体のブレンド。BOW! 白をどっしりと上品にした感じ。最初泡? みたいな微発泡が続いたが、しばらくすると落ち着いた。ソーヴィニヨンブラン特有の草の香りはせず。

洗馬 赤2016 / ドメーヌオヤマダ
洗馬 赤2016 / ドメーヌオヤマダ
開封3日目。カベルネフラン主体。最初は軽やかで甘いが、後味に木の枝のニュアンス。
今までのヴィンテージと比べるとニュアンスが若干変わった。若干タンニンが感じられるようになり、馬刺があいそうだ。

ドメーヌ小山田「洗馬白」をアボカドとタコの和えもので
アテはアボカドとタコの合わせ。オイリーさが程よく合う。

※個人の感想

来年初頭にはBOW! の新ヴィンテージも発売されるので、注意深くチェックしておきたい。

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。