日本ワイン:スクール「レコール・デュ・ヴァン」によるワインセミナー

  • ブックマーク

ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」によるワインセミナー

11月7日夜にD&DEPARTMENT
YAMANASHI内にあるフォーハーツカフェでワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」によるワインセミナーが開かれた。

レコール・デュ・ヴァンは国内でも有数のワインスクールであり、何人ものソムリエを輩出している。受講者は30,000人にものぼる。

講師は同校の代表取締役社長であり、総括副校長の畑 久美子氏だ。
講師のレクチャーと都内に学校を持つレコール・デュ・ヴァン、山梨のルミエールとのコラボレーションはなかなか機会がないので思い切って参加してみた。左はルミエール社長。

レコール・デュ・ヴァンの講師畑 久美子氏とルミエール社長
受付を済ませ、着席。

目の前にグラスの配置がデザインされている紙が敷かれていた。飲む種類は6種類。期待が高鳴る。
参加者は20名。20代から50代まで揃っていた。

セミナー開始。
まずは甲州のスパークリングから。
ここでグラスの持ち方から。グラスを、ガバッと持つのではなく、グラスの足を人差し指から薬指で固定し、小指は台座の下に。同時に色、粘性、香りを確かめる事を学ぶ。

順番に色々な種類のワインがだされる。
ソーヴィニヨンブラン、マスカットベーリーA、テンプラニーリョ、比較としてチリワインのシャルドネとカベルネソーヴィニヨンに続く。
講師が各々に簡単なシチュエーションに質問を投げ、わかりやすい解説をする。

ワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」によるワインセミナー

 

 

 

 

また、スライドを見ながらワインのマナーやちょっとした疑問の解説を受ける。

受講して感じた事は、テクニックやうんちくに留まらず、ワインのある生活の楽しさを重点的に学んだと感じた。
甲府でも来年以降セミナーが継続する事なので今からが楽しみだ。

ルミエールのワインを使ったワインスクール「レコール・デュ・ヴァン」によるワインセミナー

本日テイスティングしたワインたち。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。