盆地の風景:甲府城で逢いまショーで屋外映画鑑賞

  • ブックマーク

‪10月20日から10月29日まで10日間、毎日甲府城本丸(舞鶴城公園)で映画が野外上映される。‬
甲府で野外映画とライブのイベントは初開催だ。

屋外映画を見るのは実に20年ぶり。(‪ニューシネマパラダイス‬だった)
この映画イベントは日によってプログラムが違う。
アクションからアニメ、バラエティ、動物映画など多岐にわたる。
また、地元ミュージシャンのライブも組み込まれている。

初日である20日の上映作品は「この世界の片隅に」だ。
大ヒット映画となったが、未だに観に行けてなかったのでこれは嬉しい。
すでにDVDで見ることができるが、この手の映画はスクリーンでみたい。
漫画も元々持ってたのであの世界観をどう表現するか楽しみだ。

甲府城で逢いまショーで屋外映画鑑賞

早めに仕事をきりあげ、会場へ。
城内の芝生にスクリーンが設置されていたのは新しい光景。
あいにくの雨模様だったがなんとか開催になったようだ。
事前に前売券を購入(1,000円)したのですんなり鑑賞席へ。芝生が濡れていたので簡易型レジャー座布団をレンタルする。(無料 1人1枚)


気温が低くて寒かったが、今週ずっと寒くて予測していたので対策はバッチリ。
寒いとトイレに行きたくなるのでトイレの確認。スクリーンの裏口にトイレの建物を発見。
いくつか屋台もあり、定番のポップコーン、ドネルゲバブ、ビールや甲州ワインがあった。

ポツポツと客が入り始め、最終的には50人前後となった。
上映されしばし映画の世界へ。
スクリーンの大きさも感嘆したが、特に音響がよかった。
内容は伏せるが機会があればもう一度見たいと思う映画だった。

 

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。