半額生活:あきた産 十和田湖高原ポーク 桃豚(ももぶた)


我が家では豚肉の消費率は高い。お米と合わせてほぼ毎日食べている食材だ。

盆地のスーパーでも富士桜ポークとかワイン豚などがあるが、これらのブランド豚は価格がお高く庶民には高嶺の花。
豚肉はビタミンや鉄分が豊富に含まれており、健康維持に期待ができる食べ物の一つ。
特に女性の身体にとってヘルシーな食材だが、しょっちゅう食べていたら破産してしまう。

なぜか山梨のスーパーで秋田産の豚肉が陳列していたので、半額を狙っていくつか買ってみた。


生だとすぐに消費しないといけないのでクレラップで保存。


シールも貼り直して肉の種類がわかるように冷凍庫に保存しておく。

商品名

あきた産 十和田湖高原ポーク 桃豚(ももぶた)

メーカー

ポークランドグループ
ブランド品質を保っている様々な生産者グループ。

特徴

アニマルウェルフェアを採用

アニマルウェルフェアとは、「人間が動物に与える痛みやストレスといった苦痛を最小限に抑えることで動物の心理学的幸福を実現しよう」という考え方でヨーロッパ発祥の考え方のこと。

バイオベット豚舎

フカフカの発酵床を利用した豚舎での健康な桃豚なので豚にかかるストレスが少なく、肉味にも良い影響がある。

価格

135g 456円→228(税込)

購入場所

スーパーマーケット オギノ

まとめ

薄切りということもあって食べやすい。
しかも肉が甘くて柔らかい。

毎日食べたいクオリティ。秋田県民が裏山。

フードロスもなくなるし、お店もわずかながらも売り上げがたつし、家畜の命も報われるしいいことづくめな半額生活。

冷凍しておけば1カ月くらいは平気なのでじっくり味わいたい。
リピート必至の豚肉だ。

おまけ


アイス売り場にあった「大人なガリガリ君 メロン」
メロン果汁11%含有。
この価格でこの味はなかなかなもの。

※2020年1月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。