日常:スパポーチをワイヤーメッシュバスケットにクラスチェンジ

温泉が好きでよくでかける。
幸いにも山梨には各所に温泉が湧く土地柄でもある。

温泉に行く時に使っているマイスパポーチがある。
使っているのは無印良品のバスポーチだ。使い続けてもう数年になる。

新型がでても、旧型デザインが好きなので頑なにそのまま使っていた。

だが!


車内に置いていたらシャンプーがこぼれて汚れがべっとりつき、落ちなくなってしまった。
(あまりにも汚いのでボカシ済み)

ついに買い替えの時が来たのだが、気に入るスパポーチが見つからない。
(現在発売中の無印良品「スパポーチ」はフォルムが女子よりなので好みではない)


そこで、自宅で放置プレイ続行中のワイヤーメッシュバスケットをスパポーチとして流用することにした。
購入場所は今はクローズしてしまった表参道にあったコムデギャルソン D&DEPARTMENT グッドデザインショップ。

過去の記事はこちら↓

スパポーチをワイヤーメッシュバスケットへクラスチェンジした3つのメリット

バスポーチから交換したことによって3つのメリットが得られた。
もっと早く交換すればよかったなとしばし後悔。

抜群の収納力


高さも20cm以上とありスクエア系のフォルムなので収納力もある。一般的なシャンプーボトルなど縦に入れることができる。
今は入れてるアイテム数も少ないがいずれ増やしていくつもり。

水に濡れても平気


スパポーチとしては当然なのだが、本来は医療用であるこの商品。
表面には水に濡れても平気なコーティング処理されているので水びだしになってもOK

今までのスパポーチは水切りがメッシュ状だったので完全に水が切れるまですこし時間がかかっていた。
コーティングされているので、傷に強くて汚れもつきにくい。

軽くて頑丈

100均ショップのものも使った経験もあったが、プラスチック製なので、軽くぶつけたりするとすぐ割れてしまい、運用的に難しかった。衣類を着用しているときは気にならないが、裸んぼちゃんの状態だとちと怖い。
これならかなりしっかりしているので、雑に扱っても問題はない。

まとめ


もともとは1階←→2階の洗濯物の移動用で使っていたバスケット。
IEKAのバスケットを買ったためしばらくは放置プレイだったこのアイテム。
イレギュラーな使い方だがこうして改めて活用ができて嬉しい。

※2020年1月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。