日本ワイン:ワインツーリズムやまなし2017・秋 体験記 その2

  • ブックマーク

最初の1件目は「ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリー」へ。
数年前にルミエールにいた醸造家が独立したワイナリーだ。ワインずきにはドメーヌオヤマダと書いたほうがしっくりくるだろう。
バスルートにはないので車かタクシー、徒歩を使う。徒歩だと約40分。

ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリー
到着。
一見ほったて小屋だが、中に入るとワイナリー施設だ。

ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリーの樽ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリーのワイン瓶 ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリーのタンク
試飲して気に入ったらワインを買う。作っている人たちと直接やりとりができるのがワインツーリズムの醍醐味だ。何故かスタッフが仮装をしていた。w

ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリー BOW!と米
新米がおまけでついた。北杜市明野町産。
ニワトリが多く、醸造家の肩によく懐いていた。
ペイザナ農業組合法人 中原ワイナリーの鶏

次は「MGVsワイナリー」へ。
元半導体メーカーの跡地をリノベーションして今年できたてホヤホヤのワイナリー。
全てが綺麗なおシャンティな内装だった。
MGVsワイナリー外観 MGVsワイナリー店内  MGVsワイナリーカウンター  MGVsワイナリーオリジナルグッズ

MGVsワイナリー醸造場

温度計がついているステンレスタンク。

MGVsワイナリーチョークアートチョークアート。2次元コードはちゃんと読み込める。

次は「グレイスワイン」へ。
海外で受賞暦が多いせいか訪問者が多かった。

グレイスワインの外観
エクステリアが特徴的。

グレイス甲州 鳥居平畑プライベートリザーブ。こういった普段手が出ない高めのワインも低価格でグラス売りして試飲できるのもワインツーリズムの楽しみだ。
グレイスワインの甲州鳥居平畑プライベートリザーブ

麻屋葡萄酒で見事に実っていた柿の木を眺めたり自家製の味噌や野菜の販売をあとにして勝沼会場へ。

通りのマンホール。葡萄デザインが面白い。

長い距離を歩いたのでしばしまったり。
無料休憩所が嬉しい。

勝沼会場に到着。
ここはいろんな屋台がある休憩所兼バス発着場だ。

山梨市のフランス料理店「エリソン・ダン・ジュール」珍しく屋台をだしていたので、甲州ワイン豚の自家製生ハムと甲州ワインビーフのリエットのサンドウィッチを注文。
グラスワインも追加しながら午後のひとときを過ごした。
エリソン・ダン・ジュールの甲州ワイン豚の自家製生ハムと甲州ワインビーフのリエットのサンドウィッチ エリソン・ダン・ジュールの甲州ワイン豚の自家製生ハムと甲州ワインビーフのリエットのサンドウィッチをグラスワインとともに

その後、同会場内にあった「シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー」の有料グラスをいくつか。
シャトレーゼベルフォーレワイナリー 勝沼ワイナリー

仏・フェミナリーズワインコンクール2017金賞受賞し、ワイナリーでは既に売り切れとなっていた等々力甲州を飲む事ができた。
仏・フェミナリーズワインコンクール2017金賞受賞

次は「マルサン葡萄酒」へ。
ここは試飲と販売以外にDJブースや甲府市武田にあるアキトコーヒーのスタンド、石釜付き移動販売車ロッキンピザやお菓子などを販売していてエネルギッシュな空間を醸し出していた。
マルサン葡萄酒マルサン葡萄酒試飲コーナーマルサン葡萄酒にあったアキトコーヒーマルサン葡萄酒で販売していたロッキンピザ

また、大月の「笹一酒造」も同敷地内に試飲・販売コーナーを設けていた。

奥に進むと葡萄畑から木漏れ日が射す中、再び休憩した。

マルサン葡萄酒の畑

陽も橙色に色づきはじめたので帰路に。

夜編に続く…。

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。