日常:勤続20年目を迎えた日にクラフトビールと日本ワイン

2020年の中秋の名月

10月1日。今日は2020年の中秋の名月。

現在の企業に勤め出してから20年目の朝を迎えた。
アルバイト→職務限定社員→正社員とクラスチェンジしていった。

20年間といえば、生まれた子どもがお酒を飲める年齢だ。
そう考えると長いが、振り返るとあっという間だった。
あと20年以上は働くつもりなので、折り返し地点あたりか。

何が変わるとかというわけでもない記念日(いや、記念日というのもあやしい)だったが、二度とない日なのでlogを残しておくことにした。

仕事を定時で終わらせ、ちょっとしたお祝いにお酒を飲みに行った。ボッチで。www

フォーハーツカフェでクラフトビール

まずは、帰り道の給水ポイントであるフォーハーツカフェへ。

アウトサイダーブルーイング「Bouquet Belgion Wit」

先週末のイベントのビールがいくつか飲むことができたので、その中のひとつをオーダー。
地元産の桃の酵母とハーブを使った軽い口あたりのクラフトビール「Bouquet Belgion Wit」だ。

先週のイベントの様子はこちら

オアシスで日本ワイン

その後、第二の給水ポイント日本ワインと野菜料理のお店「オアシス」へ。
帰り道に日本ワインを飲める危険なルートだ。

「HANAMUSUBI 2019」

愛知県で栽培され、山梨・牧丘にある三養醸造で醸された自然派ワイン「HANAMUSUBI 2019 / 伊藤農園」をいただく。

ドメーヌ・デ・テンゲイジ「甲州オリエント2019」

次に「甲州オリエント2019 / ドメーヌ・デ・テンゲイジ」を頂戴した。
微発泡の甲州。辛口と酸が口のなかで混ざり合ってついつい小皿料理もオーダー。

だいぶ酔いがまわったので酔い覚ましにしばし談笑。
社会・経済、家庭、育児とだらだら話した。
まるで自宅。wwww

バスの時間もあったので早々と退散。
記念日ではあったが、普段通りに過ごせたのはすごく幸せなことなんだろう。

そんな日に石原さとみ氏が結婚発表。おめでとう。

おまけ

ドメーヌオヤマダ「BOW! 2019」

実はフライングで前々日にドメーヌオヤマダの「BOW!2019」を購入した。
それほど高価なワインでもないけれど、好きな味わいで買えるチャンスがある時には必ず買っている。
みんなで飲むと楽しい日本ワインなので、年末あたりに皆で飲んで見たい。

※2020年10月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。