日本ワイン:うなぎ串焼き「ういち」で日本ワインとペアリングの会

コロナ禍で自宅で酒を飲むことが増えた。

もっといろいろな日本ワインを飲んでみたいんだけど…

家で飲むのは飽きた!

ってことでうなぎ串焼き「ういち」の料理と日本ワインバー「OASIS」セレクトのコラボイベントが開かれ、コロナ禍で溜まりに溜まったお店に眠っていた日本ワインと共に和食とうなぎでのペアリングを楽しんだ。

うなぎ串焼き「ういち」で飲んだ日本ワイン

Vin Petillant Rose2019 / 胎内高原ワイナリー・新潟県

Vin Petillant Rose2019 / 胎内高原ワイナリー・新潟県

メルロー、ツバイゲルト。
後味にメルローがくる。
飲み口は軽く、食前酒としてちょうど良い。
酸化防止剤不使用。

Grand Ordinaire2019 / Drop・山形県

Grand Ordinaire2019 / Drop・山形県

デラウェア。295本限定。
微発泡。
最近のデラは辛口が増えてきたので(昔は甘口一択だったので)いろいろと面白くなってきた。

ルバイヤート 万力ブラン2019 / 丸藤葡萄酒・山梨県

ルバイヤート 万力ブラン2019 / 丸藤葡萄酒・山梨県

山梨市産プティマンサン100%
ブドウを食べてるみたい。
粘性あり。蜂蜜の香り。シャルドネっぽい。
344本限定醸造。
煮卵ととても合っていた。

AOSORA2019 / la Ferm Yodaken・長野県

AOSORA2019 / la Ferm Yodaken・長野県

シャルドネ主体に8品種をソービニヨンブラン、ピノ、アルバニーニョを中心にブレンド。
ブラインドだとぜったいわからない厚みと甘み。
エチケットは「喜」をデザインしたもの。

aya blanc2017 / 香月かつきワインズ・宮崎県

aya blanc2017 / 香月かつきワインズ・宮崎県

シャルドネ主体。
完全無農薬栽培。
微発泡。柑橘系やハーブの香り。柚子風味。
ビールのIPAみたい。
425本生産。

Edamatsu ET Furuuchi Maceration / 國津果實酒醸造所・三重県

Edamatsu ET Furuuchi Maceration / 國津果實酒醸造所・三重県

デラウェアの醸し。
ぶどうは山形産のもの。
海産物にあってた。

龍之介2018 / あいざわ農園・北海道

龍之介2018 / あいざわ農園・北海道

山幸(やまさち)使用。
微発泡。ピノっぽい味わい。
タンニンを少し感じる。
醸造家の子どもの名前をエチケットに。

RISE2018 / Aperture Farm・長野県

RISE2018 / Aperture Farm・長野県

東御市産メルロー。
果実感の高いメルロー。
タンニンはあまり感じなかった。

ピノ・ノワール2016 / さっぽろ藤野ワイナリー・北海道

ピノ・ノワール2016 / さっぽろ藤野ワイナリー・北海道

華やか。バラの香り。エロい。
ビオ系。420本。
樽熟成11カ月。
キノコみたいだったので大根の甘みとすごくマッチしていた。

Remerciements Rouge2019 / Ferme36・長野県

Remerciements Rouge2019 / Ferme36・長野県

ピノ・ノワール、ツバイゲルト。無濾過。
酸と果実味のバランスが非常に良くて単品でもかなりおいしい。
ごくわずかに若干微発泡。

ちなみにRemerciementsはフランス語で「感謝」という意味。

Brilliance 2017 / 城戸ワイナリー・長野県

Brilliance 2017 / 城戸ワイナリー・長野県

カベルネ主体、メルロー。
最初酸味、後から濃厚に感じる。
串焼きとバッチリ。
熟成度も高く最後にふさわしい。

日本ワインたちと合わせたうなぎ串焼き「ういち」の料理の数々

うなぎ串焼き「ういち」店内

コロナ感染拡大防止のため、席どうしの感覚をあけたり個別の皿に盛り付けたりと対策をしてもらった座席。

骨全餅 先付け

ウナギの骨の素揚げ
日本酒でも試してみたい一品

ウナギの骨の素揚げで苦味があっておいしい。ガリガリかじった。

前菜

いろいろな種類の食材がつまった前菜の皿。
どれも優しい味わいで日本ワインにぴったりだ。

看板メニューのもずくの春巻きがおいしい

もずくの春巻き
鶏肉と牛蒡の煮物
蓮根と薩摩芋の辛子漬け
きのこの山椒煮
煮卵燻製
銀杏
虎豆と蒟蒻の旨味

造り

海なし県には貴重な吹寄せ盛り。秋を感じさせるあしらいがイカス。

本マグロ、ハタ、カンパチの造り
下地には柿の葉を敷いている

本マグロ
ハタ
カンパチ

鰻と大根の天プラ

鰻と大根の天プラ

これは飲む大根っ!小籠包のようにかなりジューシーだった。

焼き物三種

お品書き的には三種だったが、ワインのことを考慮して二皿に分けていただいた。

ウナギ串焼き二種

鰻串焼き二種

ウナギ串焼き(肝)

鰻串焼き(肝)
写真は3人分

ウナギ茶漬け

鰻茶漬け

出汁をタップリと。

うなぎ串焼き「ういち」で日本ワインとペアリングの会のまとめ

うなぎ串焼き「ういち」外観

今回飲んだ日本ワインはワイナリーの方のご好意で分けていただいたワインやセラーで眠っていたものばかり。
日本ワインを普及すべく採算度外視で提供していただいたオアシスの店主には感謝しかない。
また、料理も人との距離感もアラフォーたちにちょうどよい量で、がっつかずにゆったりと楽しめた。
次回も期待だ。

うなぎ串焼き「ういち」のインフォメーション

営業時間:17時30分~23時00分
電話番号:055-223-4185
住  所:山梨県甲府市丸の内2丁目4-7
定 休 日 :なし

JR甲府駅から徒歩5分程度
カード、PayPay可能

山梨県甲府市丸の内2丁目4-7

※2020年10月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。