日本ワイン:K18AK_DD / 共栄堂

共栄堂のK18AK_DD
夏の暑さが和らぎ、鈴虫の音が響く今日この頃、山梨・勝沼にある共栄堂からK18AK_DDが発売された。ここのワインは唐突に発売するので、毎回驚きがあって面白い。

自然派ワインをつくる共栄堂

元四恩醸造の小林さんの興した合同会社「共栄堂」
製造元(醸造)は山梨市牧丘町にある三養醸造で行なっている。

K18AK_DDの特徴

甲州種100%。オレンジワイン。前ヴィンテージと比べてみるとスッキリで軽い。シンプルな味わい。
味の濃いキノコ料理とか中華なメニューに合わせやすい。
けっこう冷やして飲んだので常温でもトライしてみたい。
エチケットも前回同様版画家である「おさのなおこ」さんによるもの。

K18AK_DDの価格

2,052円(税込)

日本ワインとしてはリーズナブルな部類に入る。それゆえ入手困難なので見つけたら即ゲット推奨。

売り切れが続出しているが、県内では南アルプス市にある「ベーカリールーブル」で入手可能。電話などで確認してから伺って欲しい。

※2018年8月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。