盆地の風景:山梨県立美術館・芸術の森公園内にある小さなバラ園

5月の青の空と萌える緑の間に。
薄紅色の小さなリンゴの花が咲く時期だが、バラの宴の時期でもある。
思い立ってさっそく健康ウオークがてらに出かけてみた。

芸術の森公園ってなに?

芸術の森公園内にあるバラ園のアーチ

山梨県立美術館内にある公園。いくつかの小さな園の総称ともいえる。

🔳芸術の森公園
 🔳バラ園 🔳ボタン園 🔳日本庭園
 🔳バルビゾン広場 🔳こだま広場 🔳さんさん広場
 🔳茶室(有料)

で構成されている。

今回は小さなバラ園をご紹介。

奥深い場所に位置する小さなバラ園

5月半ばも過ぎて、ちょうど見頃を迎えた。(例年の見頃は5月中旬から6月上旬まで)
ようやく3年越しに写真撮影できた!

芸術の森公園内にあるバラ園とともにある踊り子
庭園の中心にある銅像「踊り子 ヴェナンツォ・クロチェンティ / 1972」
芸術の森公園内にあるバラ園の中心に位置する踊り子の彫刻を背面より
踊り子を背面より眺める
芸術の森公園内にあるバラ園の中心に位置する踊り子の彫刻
踊り子の接写
芸術の森公園内にあるバラ園の一部
さまざまな品種のバラが植えられている

芸術の森公園の中にある小さなバラ園の動画(約30秒 / 12.7MB)

サンダルで出かけたので、ジャリジャリうるさくて雰囲気ぶちこわしw

山梨県立美術館に関する過去記事はこちら

バラに関する過去記事はこちら

芸術の森公園からバラ園への行き方

正面入り口まで着いたら、美術館を右手にひたすら進む。
途中、バルビゾンの庭と名付けられた木立がある。
気にせずズンズン進むとバラ園が見える。
バラの香りが漂っているので、その香りにつられていけば比較的見つけやすいだろう。

芸術の森公園のおまけ

ずっーっと前からいついているネコ。
この界隈を仕切っている主。
他にも茶色のデブネコもいる。

芸術の森公園のインフォメーション

入場料:公園自体の入場は無料(山梨県立美術館敷地内)
定休日:美術館・文学館共に月曜定休だが入場自体は可能。
所在地:〒400-0065 山梨県甲府市貢川1丁目5

※2020年5月現在 個人の感想

山梨県甲府市貢川1丁目5

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。