盆地の風景:山梨県立美術館

  • ブックマーク

午後は山梨県立美術館に散歩へ。
ミレーの代表する作品「落穂拾い」が所蔵されている美術館で有名だ。

山梨県立美術館 岡本太郎
岡本太郎の作品。このあたりにポケモンもけっこういる。w
この他にもいくつかのアート作品が展示されている。

山梨県立美術館 入口
入り口にて。特別展の案内。

また、同敷地内に太宰治や樋口一葉などの山梨ゆかりの地である作家たちの記録や直筆の手紙などが所蔵されている山梨県立文学館がある他、公園施設が秀逸だ。

アート作品が陳列されている他にも四季折々の観葉植物・庭園、5月下旬には薔薇園も見ることができる。

公園自体は無料(駐車場も無料)なので、レジャーシートを持ち込んでゆるゆる過ごすことができる。
山梨県立美術館 フォンテーヌの森
ベンチも完備。

今日も近所の人達が、のんびり家族の時間を過ごしていた。
山梨県立美術館 ビッグアップルと富士山
天気が良いと富士山を眺める事ができる。

いずれ、MBPとビールを持ち込んで、新緑の木陰の中、仕事がつらいと言いたいところだ。(県の施設のため、フリーWi-Fiはつながっている)

山梨県立美術館
http://www.art-museum.pref.yamanashi.jp

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。