店舗紹介:【リノベ】富士吉田市のホステル「SARUYA」で暮らすように旅をする【フォトレポート】

富士吉田市・西裏通りから眺める富士山
富士吉田市・本町通りから眺める富士山

地元民にとって利用する機会はほぼゼローの地元の宿。
住んでいるからわざわざ泊まる必要がないので当たり前といえば当たり前…。

ふとした疑問を抱く。
地元民にとって住んでいる土地の宿ってどれだけの人が知ってるのだろう?
知らないより知っておいたほうが県外者のお友だちにより深い紹介ができるのでは?

このモヤモヤを解消すべくタイミングよく、イベント関連で地元施設に泊まる機会を得た。
古民家をリノベーションしたホステル「SARUYA」の魅力を写真とともに紹介したい。

「SARUYA」ってどんなホステル?

富士吉田地域の活動を通じて空き家をリノベーション。2015年7月にスタート。
滞在型アート活動、ワーケーションや新たな休暇の提案をしている。

ホステル「SARUYA」の外観

富士吉田市のホステル「SARUYA」外観正面
富士吉田市のホステル「SARUYA」の正面外観

白くペイントされた建物が富士山ブルーとよく似合う。
一見洋風に見えるが、所々に和のテイストを散りばめている。

ホステル「SARUYA」本館の内観

ホステル「SARUYA」のフロント & 宿泊者専用のキッチン

ホステル「SARUYA」のキッチン
右手にフロント 奥に宿泊者用のキッチン
ホステル「SARUYA」のサロン
左手にはアート作品群
ホステル「SARUYA」で販売しているアート作品
絶賛販売中
ホステル「SARUYA」のエントランス付近
時季的に必要なストーブ
ホステル「SARUYA」の宿泊専用のキッチン
宿泊者専用のキッチン ここで調理ができる
ホステル「SARUYA」のハーブティーコーナー
ズラリと並んだハーブティーのドリンクコーナー

利用はしなかったものの、別料金で豆乳とフルーツグラノーラの朝食をつけることができる。

ホステル「SARUYA」のライブラリーとサロン

ホステル「SARUYA」のライブラリーコーナー
デスクや本棚のエリア
ホステル「SARUYA」のサロン
くつろぐためのソファも
ホステル「SARUYA」のサロンの吹き抜け部分
上を見上げると美しい吹き抜け
ホステル「SARUYA」のフロントとラブラリーのつながり
フロントとライブラリーのつながり

ホステル「SARUYA」のライブラリーとサロンの動画

イメージがわかりやすくなるよう動画撮影してみた。

14秒 13.1MB
13秒 13.5MB

ホステル「SARUYA」の本館トイレと洗面台など

建物自体自体はリノべだが、設備は新しく透きとおるくらいの清潔感が嬉しい。

富士吉田市のホステル「SARUYA」本館の洗面台
本館にはドラム式洗濯機も完備
富士吉田市のホステル「SARUYA」本館の電源スイッチ
つまみ式スイッチ
富士吉田市のホステル「SARUYA」本館のトイレ
トイレもコンセプトが統一されてオシャンティ

ホステル「SARUYA」本館のツインルームなど

富士吉田市のホステル「SARUYA」本館のツインルーム
本館にはツインや大勢で寝泊まりできる部屋があった
富士吉田市のホステル「SARUYA」本館のゲストルーム
和と洋のミックスインテリア

他にも天井から床まで仕切られたドミトリー(相部屋)ルームもあり。

ホステル「SARUYA」のアネックス(別館)

フロントで受付を済ませて裏口を通って、寝る部屋がある別館までと向かう。

富士吉田市のホステル「SARUYA」本館からアネックスにつながる庭
駐車場を兼ねている中庭
富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの外観
富士吉田市のゲストハウス「SARUYA」アネックスの外観

夜バーション

富士吉田市のホステル「SARUYA」の夜のアネックス
玄関と部屋はそれぞれ鍵をかけられる

ホステル「SARUYA」アネックスの部屋

6畳程度の個室。ちなみに5号室だった。
モノが少なくて視座が低いので、実際の床面積より広く感じる。
アルコールスプレー、耳栓が置いてあった。

富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの5号室
富士吉田市のゲストハウス「SARUYA」アネックスの5号室
リネンメーカー「ALDIN」のハンドタオルとバスタオルの2種類
リネンメーカー「ALDIN」のハンドタオルとバスタオルの2種類

布団カバーと洗面に使うタオル類は地元のリネンメーカーテンジンファクトリーの「ALDIN」を使っていた。
麻100%。
作るときに使う水が柔らかいので、柔らかくさっぱりな肌触りに仕上がるとのこと。

夜バーション

富士吉田市のホステル「SARUYA」別館の夜の部屋
照明は手前の小さなライトのみ。

夜はだいぶ寒かったので毛布を追加でかけた。
東京都内の気温と比較すると4℃くらい低い。
夏は涼しそうだ。

ホステル「SARUYA」アネックスの洗面所

別館入ると、洗面所とシャワールームが目の前に飛び込んでくる。
木製インテリアとともに観葉植物がうまく調和した空間だ。

富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの洗面所
富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの洗面所拡大
洗面台。アルコールスプレー、綿棒、ティッシュ、石鹸、ドライヤー完備
富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの洗面所 別角度

夜バージョン

富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの夜の洗面所
裸電球の数が多いため、それほど暗さや怖さを感じない

ホステル「SARUYA」アネックスのシャワールーム

共同使用。
シャワールームのみだが、家族利用も可能なくらい中は広い。

富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスのシャワー
富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスのシャワールーム
シャンプー類は富士河口湖町の工場で作られている松山油脂のもの

ホステル「SARUYA」アネックスの2階

2階から下を望む

誰もまだチェックインしていなかったので撮影。

富士吉田市のホステル「SARUYA」アネックスの2階部屋
ミニマリストの部屋のよう

ホステル「SARUYA」のまとめ

同じ県内に住む地元民だし、身内も住んでいるし、泊まることはないかなーと思っていた。
実際に出かけないとわからないことが多かった宿「SARUYA」
センスの良さでまとめあげられたデザイン空間。
マネしたいアイディアが盛りだくさん。
毎日をこんな空間で暮らしたい。

涼しい気候が売りの夏にもまたリピートしたいホステルだ。

ホステル「SARUYA」のインフォメーション

SARUYAロゴの入った入口

月光寺駅、下吉田駅から徒歩10分程度 無料Wi-Fiあり 無料駐車場(2台)あり

料金:1泊1人 4,680円〜
C・I:午後4〜9時
C・O:午前8〜10時
住所:山梨県富士吉田市下吉田3-6-26

山梨県富士吉田市下吉田3-6-26

おまけ:レトロな月光寺商店街

所用までに時間があったので、SARUYAから徒歩数分の昭和30~40年代に織物産業で栄えた名残が今でも続く商店街界隈を歩いた。 

富士吉田の街並みは昔ながらの風情を残しているものが多く、映画でも使われている。
ウッチャンナンチャンのウッチャンこと内村光良監督の映画「ピーナッツ」のロケ地に使われた。

また、フジファブリックのVoの故志村正彦氏がよく食べていた大根スパゲッティのある洋食屋「M2」も健在だ。

カフェ月光

カフェ月光の外観
大正時代の建物を岐阜県より移築したカフェ。
月光ブレンドと安納芋のチーズケーキ
月光ブレンドと安納芋のチーズケーキ

月光ブレンド 550円(税込)
安納芋のチーズケーキ 530円(税込)

無農薬栽培の珈琲豆を使ったコーヒーがまろやかで美味しかった。
富士吉田市に流れる富士山の伏流水も関係しているかもしれない。

なんだかぶっとんだ本屋

ディスプレイがヤバイ本屋さん。w

レトロチックな看板の本屋

レトロチックな看板の月の江書店
月の江書店。こちらも営業中。

中をのぞいてみると本以外におもちゃや雑貨が売られていた。
昔ながらの形態。

※2020年12月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

生粋のめんどくさがりやのため、ズボラな家事な無印良品好きなヲッさん。 ストレスフリー生活したいがために整理収納アドバイザー 1級取得。2017年4月より生活提案ブログ更新中。日本ワイン好き。広告デザイナー。ワイフと娘ちゃんの3人家族。