日本ワイン:ワイナリー巡り2018・秋 エリソン・ダン・ジュールでランチ編 2/4

秋のエリソンダンジュールの外観
11月3日に山梨・南アルプス市にあるさくらんぼ農家で開かれた「金丸文化農園感謝祭2018」のプレ・イベントと称して前日入りした仲間たちとワイナリー巡りをした。(一部都合のつくメンバーで前日入りをし、山梨観光をするのがここ数年の恒例となっている)

今回、幹事承ったのでその様子をレポートした。パート1は→こちら

奥野田ワイナリーを離れ、ほど近いエリソンジュールにランチをとった。(事前に予約済み)

以前でかけたときの様子は→こちら

デジュネ・デュ・エリソン ランチタイムのコース料理

エリソンダンジュールの店舗内
内容はメインディッシュとオードブル、スープ、自家製パン、デザート、コーヒーと小菓子。2,800円(税・サービス料込み)

エリソンダンジュールのピクチャーウインド
ピクチャーウインドが秋の風景に。

エリソンダンジュールで飲んだドメーヌオヤマダの「BOW! 白」と「洗馬」
合わせたワインはメンバーから要望されていた待望のドメーヌ・オヤマダの「BOW!」と「洗馬」。すでに売り切れ続出なワインなのでとても喜んでくれた。ドライバーで飲めなかったので辛い!
ドメーヌ・オヤマダについての記事は→こちら

エリソンダンジュールでの白ブドウスパークリングジュースお酒が飲めないドライバーたちは、白ブドウのスパークリングジュース。ソフトドリンクといえどもあなどれない旨さ。

徳島産石垣鯛のサルサミコソースがけ 自家製鹿肉のサラミが入ったサラダオードブル。徳島産石垣鯛のサルサミコソースがけ 自家製鹿肉のサラミが入ったサラダ。

エリソンダンジュールの自家製パン
自家製パン。焼きたてて熱々。

エリソンダンジュールのさつまいものポタージュ
スープ。さつまいものポタージュ。甘みが強くておいしい。最初スプーンでたべたが、残りをパンですくって全部キレイにたいらげた。


メインディッシュ。鳥のクリーム煮。ナイフがなくてもフォークだけでほぐれる柔らかさ。もちろん汁は追加でいただいたパンですくって全部食べたw

地元産のいちじくのタルト 自家製アイスクリーム いちじくの赤ワイン煮デザート。地元産のいちじくのタルト&自家製アイスクリーム&いちじくの赤ワイン煮。
うっかり食べてしまい写真が変な向きになってしまった。アイスはサッパリ目。もしかしたら牛乳の代わりにヤギなんじゃないだろうか。(未確認)

エリソンダンジュールのアミューズ
エリソンダンジュールの食後のコーヒー
コーヒーと3種類の小菓子。フレンチだ。

エリソン・ダンジュールのまとめ

しばし談笑して午後に備える。地元食材を中心にここまで洗練された料理がでてきたのが驚き。サービスのレベルも高く、時間の流れが全くわからないほど落ち着いた時間を過ごせた。ちなみに2018年11月4日で開店18周年を迎えたとのこと。
以前は買えたのだが、今回の来訪時でドメーヌオヤマダとドメーヌ・ポンコツのワインをボトル買いがすでに完売となっていて、購入できなかったことだけは残念。
だが、店内でリーズナブルで楽しむことができるので、是非とも極上フレンチとともに楽しんで欲しい。
※2018年11月現在

山梨県・勝沼町のフレンチレストラン「エリソン・ダンジュール」

 

パート3に続く…。

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。