盆地の風景:猫のダヤンミュージアム「河口湖町木ノ花美術館」でわちふぃーるどの世界に触れる

東京オリンピックが開催されてそれに伴うはずだった2020年7月の4連休。
2021年に延期されても連休からの変更はなく、梅雨も終わりも見せる気配もなかったのでウツウツとした時間が過ぎていた。

少しでも、連休らしいことをしたくてお子が喜びそうな室内で楽しめる施設へ車を走らせた。
でかけた先は「河口湖町木ノ花美術館」。

「猫のダヤン」というつり目が特徴的な猫の美術館だ。

木ノ花美術館にいる猫のダヤン
入り口付近でお出迎えをする猫のダヤン

なんとなくこのキャラクターは見た事はあるが、詳しくは知らない。元カノが超くわし(以下ry)
県内に施設があると知りつつ、出かけるのは40過ぎにして初めての訪問だ。
どんな様子だったか? ヲッサン視点でレポートしたい。

山梨・河口湖町木ノ花美術館 周辺の他の施設(いずれも過去のもの)

河口湖木ノ花美術館ってどんな施設?

猫のダヤン「河口湖町木ノ花美術館」入り口庭園
ガーデニングが見事な庭園

池田あきこによる不思議な世界「わちふぃーるど」とそこに暮らす猫のダヤンを中心とした住人たちの美術館。
絵本を始め教科書にも挿絵が採用されている。
2018年に猫のダヤンは35周年、河口湖町木ノ花美術館は20周年を迎えた。

河口湖木の花美術館の様子

受付で入場料を支払う。小学生以下は大人の同伴で無料なのは嬉しい。
再入場は不可。当日1回限り。

入場料を支払い階段で展示室へ向かう。

展示室入口にはウエルカムなダヤン つり目がミステリアス
ダヤンが描かれたワインのエチケットの展示
ダヤンが描かれたワインのエチケットの展示

製造は勝沼ワイナリーの模様。
これ以降は撮影不可エリアだったので撮影はここまで。

5つのエリアに分かれた展示内容

3つの色で仕切られた展示空間。
いずれも池田あきこ氏によるファンタジックで美しい不思議の夢と唄の世界を描いている。

■アベコニアの月
■ダヤン 夢の約束
■猫の木のなまけものの木
■ダヤン、ふたたび赤ちゃんになる
■ヨーヨーの猫つまみ

普段落書き程度しか描かないヲッサンでもそのすごさが実感できる展示内容だった。

河口湖木ノ花美術館 唯一の撮影エリア

基本的に撮影禁止だが、唯一撮影可能な展示があった。
これが↓

フラッシュ撮影前

こうなる↓

フラッシュ撮影後

フラッシュをたくと花火も写る。
他にもう1カ所同じしかけの展示があった。

河口湖木ノ花美術館のミュージアムショップ

ショップ限定品からシルクスクリーンから絵本、トレンディなエコバッグまで様々なグッズが取り揃えられていた。

河口湖木ノ花美術館のミュージアムショップ
鑑賞後に立ち寄れる広々とした空間のショップ。
ミュージアムショップ隣のトイレの扉もかわいらしいキャラで演出

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」入口
木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」の入口

昼も過ぎて小腹も空いたので、同敷地内にあるレストランでランチ。
久しぶりに家族で観光地らしい時間を過ごす。
ちなみにレストランのみの利用も可。

オルソンさんとは…?

わちふぃーるどにあるタシルの街一番のお金持ちで農場経営者のブタ。

手指消毒用のエタノールボトル

名前・人数などを記入し、案内される。

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」のテラス
客のほとんどがテラス席を選んでいた

室内 / 室外を選べた。テーブルの間隔も1テーブル置きだった。
晴れていると富士山を臨めることができるが、この日は残念ながら見られず。

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」にある猫のダヤンの作品
四方30cm程度のもの

店内壁面には作品たちがちらばっていた。

イタリアンなメニュー中心。価格もファミレスと同等。
甲州牛のハンバーグステーキとかあったが地元民なのでスルー…。
相談の結果、今月のパスタとナスのミートグラタンをオーダー。

蟹のクリームトマトパスタ

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」の蟹のクリームトマトパスタ

ミニサラダ付き 1,320円(税込)
少し辛かったのでお子は食べにくそうだったが、本人はグラタンと合わせ工夫して食べていた。
カニミソもしっかりほじって食べた。

ナスのミートグラタン

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」のナスのミートグラタン

ミニサラダ付きで1,100円(税込)
トマトメニューでかぶってしまったが、甘味の強いトマトだったのでお子もペロリ。

イチゴのフローズンパフェ

木ノ花美術館直営レストラン「オルソンさんのいちご」のイチゴのフローズンパフェ
高さおよそ30cm

看板メニュー。880円(税込)
減農薬・ミネラル栽培された夏イチゴを使用。
イチゴは酸味は弱くて厚みのある甘さだった。
思いのほか量も多くてお子も満足。

河口湖木ノ花美術館のまとめ

河口湖木ノ花美術館の庭
右隣の椅子に座って撮影可能

大人になってから久しく見ることのなかった猫のダヤン。
改めて細かく見てみると、水彩と色鉛筆の混合技法で手の込んだ描画だ。
新たな発見ができたのは感動。

with コロナの世界になってから初のおでかけ。
県内外でも人気の高い観光地河口湖。
各施設いろんな対策をしていたのが目立った。

今後、これらの対策がスタンダードになっていくと思われる。
気をつけながら少しづつ生活を対応させていきたい。

おまけ

庭園で花の蜜を吸うチョウチョ

河口湖木ノ花美術館のインフォメーション

営業時間:3月~11月 10:00~17:00
     12月~2月 10:00~16:00
料  金:一般・大学生500円 / 中学・高校生400円(税込)
住  所:山梨県南津都留郡富士河口湖町河口3026-1
年中無休 クレジットカード不可

山梨県南津都留郡富士河口湖町河口3026-1

※2020年7月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。