盆地の風景:「魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド」のメディアアートで非日常を体験

  • ブックマーク

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
世間では子どもたちの夏休みが始まった。出かける先に悩む親も多いと思う。その悩みを解決すべく山梨県立美術館では、光ったり、動いたり映像や音が変化するイベント「魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド」が開催中だ。ちなみに開館40周年記念企画だ。いわれてみると生まれてからあったような希ガス。

早速出かけてきたので、このメディアアートの世界を夏休みの友にしていただけたら幸いだ。

山梨県立美術館の関連記事は→こちら
美術館前の雑貨店の記事は→こちら
美術館付近の桜並木の記事は→こちら

入り口

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
チケット購入時。早い時間帯だったが、だいぶ混雑していた。近場にトイレがあるので、先に済ませておくとよい。

会場構成

17の作品で構成されている。ゆっくりみると1時間半から2時間はかかる。(並び待ち時間含む)

01  「七色小道」/坪倉輝明
02  「Lifelog_シャンデリア」「Lifelog_モビール」
「Secret Garden」「his philosophy」「Air’s song」/小松宏誠
03  「Vertexceed」/坪倉輝明
04  「toatope」/本田大和 / 下田芳彦
05  「不可視美術館」/坪倉輝明
06   「Immersive Shadow」/藤本直明
07  「よるにおもう」/重田佑介 + Zennyan
08  「portrait」/宮本昌典 / 田中陽
09  「色のある夢」/藤本直明
10  「shichihenge」/田中陽
11  「SplashDisplay」/的場やすし/山野真吾/徳井太郎
12  「Traces」/岡田憲一
13  「つくもがみ」/坪倉輝明
14  「echo」/森脇裕之
15  「ensemble silhouette」/宮本昌典 / 小岩原直志
16  「衝突と散乱」/藤本直明
17  「水の緒さがし」/志村陽子 / 松尾謙

01 七色小道

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
チケットを購入後に楽しめる最初の作品。歩くと地面の映像や音にあふれ、ファンタジーな雰囲気が体験できる。

02 Lifelog_シリーズ

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
ガチョウの羽が風でゆらぐ。光と陰のアート。これは大人もたのしめる。木漏れ日みたいですごく綺麗。

03 Vertexceed

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
三角形の模型の前で手をかざすといろんな動きが繰り広げられる

04 toatope

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
テーブルの上に手をかざすと、影の手がいろんな動物に変化する。
認識まで多少のタイムラグあり…。

05 不可視美術館

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
何もないのにライトを照らすと、影が登場!

06 Immersive Shadow

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
投影された影で上から落ちてくるカラフルボールを触ることができる

07 よるにおもう

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
白い本をポイントにかざすとピクセルアニメーションが出現。夜空を旅するような感覚。AR技術の応用。

08 portrait


椅子に座り撮影。しばらくすると別のなにかとモーフィングされた肖像画が登場。

09 色のある夢

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
カラフルな蝶々と一緒に、自分の影が七色になっていろんなポーズがとれる。

10 shichihenge

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド

壁にたつと自分の影がいろんなカタチに変化。

11 SplashDisplay

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
一番人気のコンテンツ。
色とりどりのマイクロビーズの洪水の中、ボールを的にあてると噴水のように一気に舞い上がる。

12 Traces

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
Cornelius的なコンテンツ。エリア内を歩くと、自分のシルエットがトレースされる。

13 つくもがみ

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
ロボットにトランスフォームしてガチャガチャできる。男子小学生に人気だった。

14 echo

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
宇宙をテーマにしたアート。手で円盤を回すと光がぐるぐるまわる。

15 ensemble silhouette

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
黒い星をテーブルに置くと、回る五線譜がそれに反応して、いろんな音や星が出現する音楽装置。

16 衝突と散乱

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
歩くと床にちらばった無数の破片が遠ざかったり、近づいたり…。

17 水の緒さがし

魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド
係員からライトを手渡され、花や波紋の模型に向けると、青く光る箇所があり、音が聞こえてくる視覚と聴覚で楽しむインスタレーション。

平成30年8月26日(日)まで
午前9:00~午後5:00 (入館は午後4:30まで)
月曜休館(7/16、8/13は開館)
観覧料 一般 1,000円 大学生500円
高校生以下の児童・生徒は無料(高校生は生徒手帳持参)

山梨県立美術館
山梨県甲府市貢川1-4-27
055-228-3322

山梨県甲府市貢川1-4-27
  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。