日常:TAP TAKE  OVER! フォーハーツカフェがファーイーストブルーイングに乗っ取られた日

  • ブックマーク

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
7月6日、七夕の前日にフォーハーツカフェが乗っ取られてしまった! 全部のクラフトビールの樽がファーイーストブルーイングの樽に切り替えられてしまったのでみんなで飲みに行こうというイベントだ。ビールのイベントを行うのは数年ぶりだ。
本当に乗っ取られたわけではなく乗っ取られたという趣旨のイベントだ。タップ(ビールの注ぎ口)テイクオーバー(乗っ取り)

ファーイーストブルーイングって?

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
多摩川に注ぐ多摩源流がある山梨・小菅村に醸造所があり、涼しい環境と小菅の水を使ったビールを生産。華やかで、伝統と最先端が混じりあいながら日々進化していく「東京Tokyo」 を表現。
東京・渋谷にビアバーがある。

チケットは2種類


当日用意されたビア樽は6種類。全てを楽しみたい人向けに6枚綴りのハーフパインのチケットが用意されていた。4,000円(税込)。単品だと700円販売だが、チケットだと666円なので多少お得なセットだった。ほとんどの人が6枚綴りを購入していた。もちろん自分もw
ちなみにチャージ代はなし。オンキャッシュで1杯だけ飲むのもよし、通りすがりで飲むのも良い気軽なイベントだった。


1パインのチケットもあり。こちらは1枚から。1パイント 1,000円(税込)

6種類のクラフトビール

醸造家がオススメする順番を教えてくれたのでその通りに飲んでみた。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
東京ブロント アルコール度数 4.5%
少し苦味。定番。
スタイル・特徴:ファーイーストブルーイングの定番シリーズからこの夏一押しの東京ブロンド。この春よりアルコール度数を6.0%から5.0%に変更し、香り豊かなアロマホップをふんだんに使用した軽快な飲み口のゴールデンエール。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
サイゴンパッション(先行開栓)アルコール度数 4.5%
酸味がある。ベトナム産パッションフルーツを使用。
スタイル・特徴:ベトナム・ホーチミン(サイゴン)のブルワリー”Heat of Darkness”とのコラボレーションによって実現した鮮烈なパッションフルーツの香りと爽やかな酸味が楽しめるサワーエール。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
ナイトクローラー(限定)アルコール度数 6.3%
ミディアムボディ。6種類の中で一番バランスよく飲みやすかった。
スタイル・特徴:Transporter Beer Magazineプロデュースのヘイジーでトロピカルフルーツのようなフレーバーが特徴の苦くて甘いIPA。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
スパイシーシトラスセゾン(当日限定) アルコール度数 5%
ホワイトエール。シトラスの青い感じが前面にでてる。ここから辛くなってきたので、量を調整してもらう。
スタイル・特徴:爽やかなウィートセゾンにレモンとブラックペッパーで香りづけした、よりシトラスフルーティーなフレーバーとドライな後口に黒胡椒のアフターテイストがアクセント。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
インペリアルピーチ(7/4発売の最新限定商品) アルコール度数 7%
桃が使われているので舐めてかかったらアルコールが高く撃沈したクラフトビール。
スタイル・特徴:オランダ アムステルダムのブルワリー「デ・プラエル」とのコラボレーション。彼らのフラッグシップである「トリペルスタイル」をベースに桃を使ってスッキリ爽やか。

山梨 フォーハーツカフェ ファーイーストブルーイング
オレンジヘイズIPA アルコール度数 4.5%
最後の締めの1杯。軽かったので助かったw オレンジ風味が程よくでているクラフトビール。
ライフスタイル誌『Daytona』の誌面企画より誕生し、TRANSPORTER BEER MAGAZINEと常陸野ネストビール(木内酒造合資会社)で合同開発した新ブランド(ファントムブリュワリー)である「BREWBASE」(ブリューベース)と、Far Yeast Brewingのコラボレーション商品だ。

ハートステッカー


1杯注文ごとに提供。4枚集めるとFour Heartsになるハートステッカー。

醸造家たち


社長をはじめとする関係者たち。外国人はポートランドのブルワリーにいた人だ

ファーイーストグッズが当たるじゃんけん大会

途中に数回のジャンケン大会があり、勝者はファーイーストブルーイングのビールやTシャツををいただいていた。3回開催。太っ腹。残念ながら全て初回で負けた。

当日だされたサイドメニュー

山梨  甲府 フォーハーツカフェ
インゲン豆 500円(税込)
ビールにはインゲン豆! アルコールの分解をはやくしてくれる食べ物。

山梨  甲府 フォーハーツカフェ
ズッキーニのロースト 900円(税込)
甲州ワインでは定番だがもちろんクラフトビールにも合う。

山梨  甲府 フォーハーツカフェ
ポークソーセージ 1,000円(税込)
ビールといったらやはりソーセージ。

山梨  甲府 フォーハーツカフェ
富士桜ポークのロースト 1,000円(税込)
桃効果で肉が柔らかくなっていた。甘みのある肉とビールの苦味のマッチングがよい。

まとめ

参加する前は体調を考えても「全種類飲めるだろうか、泥酔しないだろうか」と思っていたが、開催時間も長くて水も大量に用意されていたのでなんとか乗り切ることができた。今月末(7/28~8/5)に甲府駅北口のよっちゃばれ広場に「地ビールフェスト甲府2018」にも参加するとの事なので続きを楽しみたい。

http://faryeast.com

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。