日常:ボッチタイムの過ごし方

寝る直前のリラックスする時間帯。みなの衆はどのようにお過ごしだろう?

好きなTV番組を観る、家族と話す、お酒を飲むのもいい。いろんな愉しみがある。

我が家では自分以外は夜10時前には就寝してしまうので、10時以降にはひとりになれるボッチタイムが存在する。(日によってまちまち)

早く終われば、ボッチタイムがそれだけ長くなるのでそれはもう必死に役割を決めて家事と育児をこなす。(どうしようもない時もあるが、その時はスッパリ諦める)

普段過ごしているボッチタイムのルーティンをまとめてみると…。

■翌日の食事の下ごしらえ
野菜をゆでたり、肉を焼くだけの簡単な作業。実家や友人から野菜の施しがあった場合のみ

■夜中の掃除
主に週末に実行。これをすると翌日の気分が大分楽になる。クイックルワイパーでの拭き取り掃除がメインなので労力はそれほどでもない。

■読書
積ん読している本棚からセレクト。現在、雑誌はほとんど読まなくなってしまったので復活させたい。

■DVD・Blu-ray観賞
話題の映画とか昔の名作などが中心。昔は新作1週間のレンタル4枚1,000円だったが今は準新作1週間レンタル1枚100円セールを狙っている。

■ブログ書き
なるべく公開まで書き上げたいので実は見切り公開が多い。


■リビングを眺めながらの飲酒
半額セールのおつまみが買えなかった時のおつまみはインテリアやモノの配置だ。これだけで1時間はいける。飲酒は毎日飲めるほど裕福ではないので、水曜と週末に限定。ちなみに片付け自体は10時前までに済ませてしまう。

どの日に何をするかきちんと決めてないが、必ずどれかが当てはまるようにしている。
例外的に◼️早めに寝るってのもある。

むしろこれ以外には思いつかない庶民だが、やりとげた後の心の解放感は半端ない。
仕事が終わってからの作業なので疲労で程よく眠れる事も追記しておく。

君も同じ事をしろとは言わないけど、僕はそれを勧めよう♫

※2019年4月現在 個人の感想

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。