日本ワイン:ワインバー「オアシス」にて新月無尽#34で日本ワインの夜

  • ブックマーク


毎月訪れる新月の晩にみんなで持ち寄った日本ワインの飲み比べ&料理を楽しもうという催し。
もう34回目。今回は印象強かったものを紹介。

新月無尽で印象深かったワインたち

甲州 自社圃場 / 勝沼醸造甲州 自社圃場 / 勝沼醸造
栽培地は一宮町の羊新田。酵母の味が強く感じて、勝沼醸造の甲州とすぐわかる。同社のイセハラ的な味わい。

窓辺(赤)2014 / 四恩醸造 ハーフボトル版窓辺(赤)2014 / 四恩醸造 ハーフボトル版
醸造家が変わってしまったため、以前の醸造家が造った時のもの。スクリューキャップだからか思っていた以上に味が安定していた。まだ数年はいけそう。フレッシュさは落ち着き、ベリーが顔を出すかんじ

chanter Y.A ますかっとべーりーA de HOSAKA  2006 / ダイヤモンド酒造chanter Y.A ますかっとべーりーA de HOSAKA  2006 / ダイヤモンド酒造
エチケットをみるともう10年以上前のもの。持ち込んでいただいた参加者に感謝。
穂坂地区のMBAを収穫。当時は半年程度とあまり樽に寝かせていなかったよう(近年のものは18カ月以上)ので、口にしたときはどっしりだが後味は軽やか。

新月無尽で合わせた料理たち

通常はワンプレートがつくが足りなかったので、隣のジビエ店で追加出前したもの。こんなことができるのも新月無尽の醍醐味だ。

富士川町産の鹿肉とフルーツソース鹿肉のパテ

 

富士川町産の鹿を使った鹿肉のパテとフルーツソースのかかったジビエ料理。臭みがなく、肉が軟らかい。

次回は2018年11月8日(木)の予定。

持ち寄り日本ワイン会「新月無尽」チラシ

※2018年10月現在

  • ブックマーク

この記事を書いた人

tiimo

40半ばのヲッサン。
夏は40℃以上、冬は雪と風が舞う盆地での生活をつづります。
地元系グラフィックデザイナー。自称甲州ワインエヴァンジェリスト。
2018年整理収納アドバイザー1級を取得。